過保護のカホコ キャスト&相関図

最終更新:
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/07/12 ~
放送時間水 22:00 ~ 23:00

2017年夏(7月期)のTBS系水曜日22時の枠は、水曜ドラマ『過保護のカホコ』

脚本は『遊川和彦』が担当し、原作のないオリジナルストーリーとなる。『家政婦のミタ』など斬新な設定のホームドラマでヒット作を生み出している脚本家であり、今回も今までにないホームドラマで期待度は高い。

ストーリーは典型的な過保護を受ける一人の女性「根元加穂子」にスポットを当てる。「麦野初」に自分の生い立ちを全否定されたことをきっかけに自分を見つめ直す。極度の世間知らずだったためあらゆることが未経験であるため「こんなの初めて!」と感動しながら、様々なことを経験していく。

キャストは連続テレビ小説のヒロインに選ばれるなど近年注目を集めている『高畑充希』が主役である「根元加穂子」に選ばれている。そのカホコを箱入り娘にした両親役である「根元泉」「根元正高」にはそれぞれ『黒木瞳』『時任三郎』が選ばれている。

他にも、近年勢いを増して活躍を続けている若手俳優『竹内涼真』やベテランどころでは『三田佳子』『西岡徳馬』の他、豪華な面々の出演が決まっている。

スタッフは前述の『遊川和彦』が脚本を手がけるだけで期待度が高まる。『家政婦のミタ』などで共に制作に関わった『大平太』がプロデューサーに選ばれ相性の良い人選となっている。他にも、近年多くの作品の演出を手がけている『南雲聖一』が演出を担当している。

過保護のカホコの相関図

過保護のカホコ <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

過保護のカホコのキャスト・スタッフ

俳優
根元加穂子高畑充希
根元泉黒木瞳
根元正高時任三郎
麦野初竹内涼真
並木初代三田佳子
並木福士西岡徳馬
並木環中島ひろ子
並木衛佐藤二朗
並木節西尾まり
並木厚司夙川アトム
並木糸久保田紗友
根本多枝梅沢昌代
根本正興平泉成
根本教子濱田マリ
担当スタッフ
プロデューサー西憲彦
大平太
田上リサ
演出南雲聖一
日暮謙
伊藤彰記
明石広人
脚本遊川和彦
音楽平井真美子

スポンサーリンク

根元加穂子(ねもとかほこ)

21歳。過保護を受けていて世間知らず。あるきっかけから、自分を変えようと奮闘し始める。

この役を演じる『高畑充希』は2016年の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演している。この時の役の影響もあり、温室育ちの役は世間のイメージとは違う役になる。

しかし、2015年のドラマ『問題のあるレストラン』で世間知らずでとぼけた役で高評価を受けている。近しい役であると予想すると演技には期待が集まる。

演 - 高畑充希

両親の影響もあり、幼少期から舞台女優を目指していたが、何年もの間オーディションに受からず苦労した。いつまでも受からなかった保険として早稲田大学の演劇研究会に入ろうと勉強にも励んでいたため有名進学中学校に在籍していた。

しかし、一度オーディションに受かってからは早々に頭角を表し、舞台を中心に活躍を続けた。2010年を過ぎた頃からは大河ドラマ、連続テレビ小説、ゴールデンタイム等の人気枠に出演が続き注目を集める。

2016年には連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインに選ばれ、さらなる活躍を続けている。

根元泉(ねもと)

51歳。加穂子の母。

演 - 黒木瞳

高校卒業後、音大への進学を決めていたが記念受験として宝塚音楽学校を受験し、合格を勝ち取った。宝塚歌劇団では入団2年目で『大地真央』の相手役として月組トップ娘役に就任するなど伝説的な活躍をしている。

退団後のデビュー作では主演にして全裸になり、宝塚のファンから非難の声があがりながらも、演技については第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得し高く評価された。

以降、サスペンスを中心に活躍を続け、映画『失楽園』では大胆な演技を披露し、話題作として作品とともに知名度を急激に高めた。自身も第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など数多くの賞を獲得した。

以降も近年に至るまで、サスペンスやミステリーを中心に主演を含む大役に数多く出演し最前線で活躍し続けている。

黒木瞳が最近出演したドラマ

根元正高(ねもと)

54歳。加穂子の父。

演 - 時任三郎

1980年にデビューしたベテラン俳優。1983年のドラマ『ふぞろいの林檎たち』に出演し、同作はシリーズ化されるヒット作となり、作品の人気とともに注目を集めた。

以降は主演を含む大役を中心に出演を重ね、2000年を過ぎてもなお『Dr.コトー診療所』シリーズ等のヒット作で活躍が続いた。

近年はゲストや助演といった形で次世代が主演を務めるような作品に出演を重ねている。

麦野初(むぎの)

24歳。温室でぬくぬく育った加穂子にダメ出しをして、加穂子が変わるきっかけを作る。

演 - 竹内涼真

2013年にモデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルとしてデビューを果たす。同年には俳優としてもデビューし、翌年の2014年にはデビュー前から目標としていた仮面ライダーを『仮面ライダードライブ』にて掴む。

以降は『下町ロケット』などヒット作を含む作品にも出演するようになり、2016年には人気枠であった『時をかける少女』で三番手の役を掴むなど急激に活躍を広げる。

並木初代(なみき)

72歳。加穂子の祖母。泉の母。

演 - 三田佳子

デビュー前の高校在学中から複数社からスカウトを受けていた逸材。高校卒業のタイミングで女優デビューすることになる。当初から大役を次々と掴み、東映の看板女優として活躍を続けた。

大河ドラマやゴールデンタイム等の人気枠に数多く出演し、近年もなお重要な脇役として出演を続け、若手に対して助演を続けている。

三田佳子が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

香坂真由美

並木福士(なみき)

74歳。加穂子の祖父。泉の父。

演 - 西岡徳馬

70年代初頭から俳優として活動しているベテランで、当社から着々と活躍の幅を広げており、90年頃になると大河ドラマなど人気の枠への出演も増えている。

比較的、ルックスを活かした強面の役が多く、近年も刑事ドラマを中心に多くの作品で活躍している。

並木環(なみき)

48歳。加穂子の叔母。泉の妹。

演 - 中島ひろ子

80年代から女優として活動しており、セレブで嫌味な役から幸の薄い優しい役まで幅広い役を演じ分けている。

近年もなおメジャーなドラマ枠を中心に出演を重ねている。端役やゲストが中心ではあるものの印象に残る演技をしている。

中島ひろ子が最近出演したドラマ

並木衛(なみき)

47歳。環の夫。

演 - 佐藤二朗

就職日当日に退職し、その後俳優を目指すも思うようにいかず、再就職する。しかし俳優の夢が諦めきれず1996年に会社勤めながら自ら演劇ユニットを旗揚げし、しばらくして会社を辞め、俳優一本に絞る。

劇団中心に出演を重ねていたころ『堤幸彦』の目に止まり、同監督の作品に端役にて出演する。そして、この出演がまた関係者の目に止まり、以降映像作品への出演が増える。

真顔で笑わせるなどトリッキーな演技が持ち味で、笑わせる演技に関しては俳優界屈指の存在になりつつある。近年は人気枠の大役に選ばれるようなこともあり、絶賛活躍中である。

佐藤二朗が最近出演したドラマ

並木節(なみき)

44歳。加穂子の叔母。泉の妹。

演 - 西尾まり

4歳の頃から子役として俳優活動をしている。脇役や端役を中心に出演を重ねており、ドラマを中心にコンスタントに年間5本ほどの作品に出演している。

西尾まりが最近出演したドラマ

並木厚司(なみき)

41歳。節の夫。

演 - 夙川アトム

お笑い出身の俳優。2012年から本格的にドラマに出演し始め、端役や脇役を中心に出演を続けた。2016年の連続テレビ小説『べっぴんさん』では出演シーンの多く、インパクトのある役に選ばれ、注目を集めている。

夙川アトムが最近出演したドラマ

並木糸(なみき)

18歳。加穂子の従姉妹。泉の姪。

演 - 久保田紗友

ドラマ『美少女戦士セーラームーン』に出演していた『北川景子』に憧れ、小学生の頃から事務所に所属する。

近年はBSドラマの主演や、端役ながら連続テレビ小説『べっぴんさん』などの人気枠で出演を重ねている。

久保田紗友が最近出演したドラマ
4号警備
4号警備

松下楓

根本多枝(ねもと)

74歳。加穂子の祖母。正高の母。

演 - 梅沢昌代

70年代から舞台を中心に活動をしているベテラン俳優。2000年頃になると端役、脇役ながらドラマへの出演が増え始める。

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演し、主人公の側に仕える女中を演じ、出演頻度は多く、印象的な演技であるため注目されている。

根本正興(ねもと)

77歳。加穂子の祖父。正高の父。

演 - 平泉成

60年代から活躍する俳優。かつては、刑事ドラマの悪役を中心に活躍をしていた。

近年は役の幅を広げており、民放ゴールデンの枠などメジャーな作品で様々な役柄を演じており、ゲストや脇役として名助演として知名度が高い。

平泉成が最近出演したドラマ

根本教子(ねもと)

50歳。加穂子の叔母。正高の妹。

演 - 濱田マリ

90年頃からバンド活動をしており、90年代後半から本格的に映像作品に出演しているベテラン女優。着実に出演を重ね2006年のドラマ『アンフェア』などで女優として注目を集め始める。

近年は、刑事ドラマを中心に年間5本前後の作品に出演している。

濱田マリが最近出演したドラマ
4号警備
4号警備

金沢茜

スポンサーリンク

^