ブランケットキャッツ キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルNHK総合
放送期間2017/06/23 ~
放送時間金 22:00 ~ 22:49

2017年春(6月期)スタートのNHK22時の枠は、ドラマ10『ブランケットキャッツ』

『重松清』の同名の短編小説集『ブランケットキャッツ』が原作。その作品の脚本を『江頭美智留』が担当する。多種多様な方向性の作品を手がけ、ヒット作を生み出している脚本家である。

猫好きの妻を亡くした主人公が残された7匹の猫の新しい飼い主を探すという目新しい設定のドラマとなる。その主人公を中心に、主人公を気にかける人物や、様々な飼い主候補が登場する。

その主人公である「椎名秀亮」をシリアスな役を中心に数多くの主演に選ばれている『西島秀俊』が選ばれている。ヒロインである「藤村美咲」には『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』などでインパクトのある演技をみせている『吉瀬美智子』が選ばれた。

他にも『島崎遥香』『唐田えりか』といった若手の人気女優に加えて『美保純』のようなベテランの出演が決まっている。ゲストにも『蓮佛美沙子』のようなゴールデンの主演に選ばれるような女優も選ばれている。

スタッフに関しては前述の脚本家『江頭美智留』をはじめ『得田真裕』が音楽を担当するなど、ベテランが顔を揃えている。

ブランケットキャッツの相関図

現在準備中です。

スポンサーリンク

ブランケットキャッツのキャスト・スタッフ

俳優
椎名秀亮西島秀俊
藤村美咲吉瀬美智子
水島楓島崎遥香
佐伯奈緒子美保純
佐伯さくら唐田えりか
椎名陽子酒井美紀
立花ヒロミ蓮佛美沙子
樋口隆平マギー
担当スタッフ
プロデューサー土屋勝裕
池田健司
松本明子
演出大谷太郎
本多繁勝
脚本江頭美智留
音楽得田真裕

スポンサーリンク

椎名秀亮(しいなしゅうすけ)

家具修繕の店「家具の椎名」を経営。猫が大好きだった妻を亡くし、一人で猫の世話をしている。世話にうんざりしていて、猫の新しい飼い主を探している。

頑固で偏屈な性格で知人にはもちろん、里親に足してもぶっきらぼうに接している。その上、猫を本当に大切にしてくれる里親にしか渡せないと里親の応募を断り続けており、しばしば周囲を怒らせる。

演 - 西島秀俊

1992年ドラマ『はぐれ刑事純情派5』でデビュー。ドラマ『あすなろ白書』などで早々に注目を浴び始め、2000年を過ぎる頃にはドラマや映画で主役を張れる俳優にまで進化する。

近年はさらに主演の割合が増えており、近年を代表する俳優の一人と言っても過言ではない活躍を続けている。

西島秀俊が最近出演したドラマ

藤村美咲(ふじむらみさき)

藤村動物病院を経営する獣医師。秀亮の幼馴染。言いたいことをはっきり言う性格で、頑固な性格の秀亮と並ぶと、まるで夫婦喧嘩のような言い合いが始まる。

妻を亡くした秀亮をいつも気にかけており、新しい相手が見つかればいいと言っているが、新しい女性の気配を感じると若干の嫉妬心をみせる。

演 - 吉瀬美智子

高校生でモデルとしてデビューし、モデル業を中心に活動を続けていた。しかし、今後のキャリアを考えて、モデル業を一切受けないという条件付きで事務所を移籍し、女優として本格的に活動を始める。

2010年のは『ハガネの女』で深夜帯ながら主演を演じ、2014年には『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』でインパクトのある役を演じ、作品の人気とともに知名度を高めた。

その後も民放ゴールデンなどの人気枠の出演を決め、活躍を続けている。

水島楓(みずしまかえで)

藤村動物病院の動物看護師。秀亮に店番を頼まれたりする間柄。美咲が秀亮に恋心を持っていると直感しており、秀亮に女の気配を感じると美咲に報告したりしている。

演 - 島崎遥香

AKB48の元メンバー。愛称は「ぱるる」

2009年にオーディションを通してAKBのメンバーに選ばれる。翌年には「AKB48 17thシングル選抜総選挙」で研究生にして28位に選ばれる快挙でスピード出世していった。

2016年の紅白歌合戦で同グループを卒業する。卒業年である2016年には民放ゴールデン枠の『ゆとりですがなにか』に出演し、同年深夜ドラマの『警視庁 ナシゴレン課』では主演を務めた。

島崎遥香が最近出演したドラマ

佐伯奈緒子(さえきなおこ)

さくら食堂の女将。秀亮のことを幼少期から知っている。妻を亡くした秀亮を心配し、お見合い相手を紹介したりする。

演 - 美保純

1980年、デパートで勤務していた頃に、ディスコ・クィーン・コンテストに優勝している。その後上京し、アルバイトをしていた頃にスカウトを経て芸能界入りを果たす。

翌年の1981年には映画『制服処女のいたみ』の主演に選ばれ、以降『男はつらいよ』シリーズ等の人気作品を含む多くの作品に出演している。

近年もゴールデンの人気枠のドラマにもベテランの助演として出演を続けており、活躍が続いている。

佐伯さくら(さえきさくら)

奈緒子の娘。奈緒子が経営するさくら食堂の看板娘。

演 - 唐田えりか

幼少期からモデルに憧れており、高校生の頃にスカウトを経て芸能界入りを果たしている。女優とモデルの両立を目指している。デビュー後、早々にソニー損保のイメージキャラクターに選ばれ、CMに起用されたことをきっかけに注目を集める。

女優業に関しても、深夜枠のドラマながら『こえ恋』では主要の役に選ばれたり、ゴールデン枠等の人気枠でもゲスト出演するなど、経験を積んでいる。

椎名陽子(しいなようこ)

秀亮の亡き妻。2年前に交通事故で他界している。猫好きで7匹の猫を飼っていた。

演 - 酒井美紀

1991年から芸能活動を初めており、当時はバラエティー番組のマスコットガールなどで活躍していた。女優としてのデビューは1995年の単発ドラマ『東京的聖誕祭』で翌年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。

その後も名助演として数々の作品に出演し、近年もなおゲストとして多くの作品に出演し、活躍を続けている。

立花ヒロミ(たちばなひろみ)

祖母が大切にしていた猫「ロンロン」に似ている猫を探して椎名秀亮の元を訪ねてきた。ぶっきらぼうな対応をされても、負けることなく懇願してトライアル期間にこぎつける。

演 - 蓮佛美沙子

竹内結子のファンで、ドラマ『ランチの女王』を見て女優を志し、第1回スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスのグランプリに選ばれて芸能界入りを果たす。

翌年には映画『犬神家の一族』で女優デビューを果たす。同年には映画初主演を果たし、第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞など権威ある賞を受賞した。

2010年を過ぎる頃にはドラマでの活躍が目立つようになり、マイナー枠の主演やメジャーな枠の端役などで活躍をはじめる。
ドラマでも早々に注目を集め、徐々に人気枠の大役を掴むようになり、2015年にはゴールデンのドラマ『37.5℃の涙』で主役に抜擢される。

蓮佛美沙子が最近出演したドラマ
べっぴんさん
べっぴんさん

野上ゆり

樋口隆平(ひぐち)

編集中

演 - マギー

大学在学中から、騒動舎、ジョビジョバと舞台を中心に活躍しており、バラエティタレントや脚本家としての顔も持っている異色の経歴を持った俳優。

端役、脇役、ゲスト出演が中心ではあるが90年代から映像作品にも出演している。2015年あたりから人気枠のドラマへの出演が目立っており、卓越した演技力でオカマや嫌味な上司などクセのある役でインパクト抜群の演技を披露している。

マギーが最近出演したドラマ
嘘の戦争
嘘の戦争

百田ユウジ

スポンサーリンク

^