櫻子さんの足下には死体が埋まっている キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/23 ~ 2017/06/25
放送時間日 21:00 ~ 21:54

2017年春(4月期)のフジテレビ系日曜日21時の枠は、日曜ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

原作は『太田紫織』の同名のWeb小説『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で、同作は電子書籍大賞ミステリー部門で優秀賞を受賞している。
また、脚本はミステリーを含む多くのジャンルを手がけている『山岡潤平』が手がける。

ストーリーは、骨格標本を組み立てる標本士「九条櫻子」を主人公としており、普段は骨をこよなく愛する変わり者。しかし検視の技術を持っており、事件が起きれば死体から真実をあぶり出し難事件を次々と解いていく。そんな変わった設定の斬新なミステリードラマとなっている。

キャストについては主人公の「九条櫻子」を『観月ありさ』が演じる。観月ありさは26年連続で連続ドラマの主演に選ばれており、作品数にすると本作が30作目という驚異的な数字を持っている大ベテラン。本作の一風新しい設定も高い経験値を活かした演技に期待が高まる。

スタッフに関しては、2007年の映画『キサラギ』では日本アカデミー賞優秀作品賞など、権威のある賞を数多く受賞している実力者であり、90年代の初期から活動している『佐藤祐市』が演出を担当する。また、他にもベテランスタッフが顔を揃っている。

櫻子さんの足下には死体が埋まっているの相関図

櫻子さんの足下には死体が埋まっている <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのキャスト・スタッフ

俳優
九条櫻子観月ありさ
館脇正太郎藤ヶ谷太輔
山路輝彦高嶋政宏
近藤卓也細田善彦
杉森重男渡辺憲吉
磯崎齋上川隆也
谷上和裕近藤公園
志倉愛理新川優愛
沢梅鷲尾真知子
担当スタッフ
プロデューサー森安彩
演出佐藤祐市
山内大典
脚本山岡潤平
武井彩
音楽菅野祐悟

スポンサーリンク

九条櫻子(くじょうさくらこ)

標本士。骨をこよなく愛している。骨に関すること以外では一切笑顔を見せず、誰に対してもぶっきらぼうに接する。

大学時代に教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学んでおり、高い検視のスキルを持っている。

誰からも才能を認められているものの、自分勝手な性格と、乱暴な口調から苦手意識を持たれており、避けられている。

この役を演じる『観月ありさ』は26年連続でドラマの主演に選ばれており、本作は自身の30本目の主演作となる。

演 - 観月ありさ

4歳の頃からモデルとして芸能界入りし、徐々に女優としても活動を始める。高校生になる頃には主演に選ばれるほどの女優に成長している。

代表作は『ナースのお仕事』『斉藤さん』『サザエさん』などで、どれもシリーズ化されるヒット作となっている。受賞歴としても日本アカデミー賞優秀主演女優賞など権威のある賞を受賞している。

近年も主演を中心に、ゲスト出演により作品にインパクトを与えたりといった形で活躍を続けている。

館脇正太郎(たてわきしょうたろう)

自然の森博物館の技術補佐員。優しく純粋な性格だが、パッとしない男。櫻子からは「少年」と呼ばれている。

博物館ではデータの打ち込みなどの仕事をしているが、他の職員に櫻子のところへのお使いに行かされることもしばしば。ミステリー小説が好きだが、怖がりで白骨を見ることができない。

演 - 藤ヶ谷太輔

「Kis-My-Ft2」のメンバー。グループ結成は2004年で2006年頃からは俳優としての活動も増えている。

アイドルとしての人気獲得とともに俳優としての活躍し始め、2011年頃からは主演や事務所の先輩が主演する作品での出演が中心となる。

山路輝彦(やまじてるひこ)

八峰署の刑事。いつも明るく振舞っているが、心の内では強い正義感と上昇志向を抱いている。事件になれば人が変わったように眼光鋭く捜査にあたる。

櫻子の叔父とは面識があり、櫻子の検視の技術に関しても頼りにしているが、現場を荒らしたりとルールを無視されることには迷惑している。

演 - 高嶋政宏

大学在学中に映画『トットチャンネル』で俳優デビューし、早々に権威のある第61回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞をはじめ、数々の賞を受賞する。

様々なドラマへの出演経験があり、役の幅も広いベテランだが、見た目通りの男らしい役を中心にキャスティングされることが多く、他の役者が醸し出すことができない独特の存在感を放ち、ハマり役となっている。

高嶋政宏が最近出演したドラマ

近藤卓也(こんどうたくや)

八峰署の刑事。山路と共に捜査に当たっており、山路が捜査を先導し、それに従っている。現場では聞き込みをしたりと機敏に実務をこなしている。

杉森重男(すぎもりしげお)

自然の森博物館の館長。櫻子の標本士として、才能を評価しており、しばしば仕事を依頼している。

磯崎齋(いそざきいつき)

自然の森博物館の主任学芸員。正太郎や愛理の上司にあたる。

植物ヲタク。仕事とは無関係だが日々植物の研究を行なっている。櫻子とは分野は違えど、ヲタクとして通ずるものがある。

元は教師をしていたが、あるきっかけで博物館に転職し、その頃から植物が本格的に好きになった。

演 - 上川隆也

80年代から活動しているベテラン俳優。舞台を中心に活躍し、その勢いのまま90年代の中頃からは映像作品にも出演し始める。90年代の後半では日本アカデミー賞新人俳優賞や優秀助演女優賞を受賞している。

2000年代に入ってからも活躍は続いており、2006年の大河ドラマ『功名が辻』では主演に抜擢されている。近年は刑事ドラマを中心に活躍を続けている。

谷上和裕(たにがみかずひろ)

自然の森博物館の学芸員。地質学のプロ。職場のゴシップに興味を持っているが、自身が面倒に巻き込まれるのは避けたいと思っており、何かと理由をつけて櫻子と接触しないようにしている。

志倉愛理(しくらあいり)

自然の森博物館の学芸員補。正太郎が好意を寄せている。昔から化石が大好きで博物館で働きたいという夢を叶えた。明るく元気で博物館のムードメーカーとなっている。

演 - 新川優愛

2007年にデビューし、グラビアアイドル、ファッションモデル、女優として、どの仕事も活躍しているマルチタレント。

女優としては当初は端役が中心であったが、徐々に人気を掴み、近年は民放ゴールデンのような人気枠で脇役に選ばれている。

新川優愛が最近出演したドラマ
銭の戦争
銭の戦争

円アカネ

沢梅(さわうめ)

九条家の使用人。北海道の旭川から櫻子とともに状況している。櫻子に物申すことができる数少ない人物。

スポンサーリンク

^