フランケンシュタインの恋 キャスト&相関図

最終更新:
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/04/23 ~ 2017/06/25
放送時間日 22:30 ~ 23:25

2017年春(4月期)スタートの日本テレビ系22時30分の枠は、日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』

NHKの社会派ドラマを中心に活躍し評価を受けている脚本家『大森寿美男』が怪物と人間という設定の原作のないオリジナルラブストーリーを描く。

不老不死のフランケンシュタインが主人公。100年もの間、人間と関わらず孤独に生きてきたが、ある日人間の女性と出会ってしまい恋に落ちる。この恋をきっかけに、恋愛感情はもちろん世界の様々なことを知るようになる。

この主人公であるフランケンシュタインという難役を、幅広い役を演じカメレオンなどと称されている『綾野剛』が演じる。他にも近年演技力が評価され続けている『二階堂ふみ』『柳楽優弥』が中心人物の役に選ばれている。
他にも『新井浩文』『光石研』『柄本明』といったベテランの名脇役俳優も脇を固めており、演技力を意識した意図のあるキャスティングとなっている。

スタッフに関してはプロデューサーの『河野英裕』『大倉寛子』や演出の『狩山俊輔』、音楽の『サキタハヂメ』といった『妖怪人間ベム』を手がけたメンバーが大半を占めており、作品の系統としてもチームワークとしてもバランスが良い。

また、主演の『綾野剛』も『妖怪人間ベム』に出演しているため、キャストとしての相性も良い理想的な人選と言える。

フランケンシュタインの恋の相関図

フランケンシュタインの恋 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

フランケンシュタインの恋のキャスト・スタッフ

俳優
深志研綾野剛
津軽継実二階堂ふみ
稲庭聖哉柳楽優弥
鶴丸十四文柄本明
稲庭恵治郎光石研
玉名瑠似大西礼芳
宍喰丈篠原篤
米子秋良中村無何有
室園美琴川栄李奈
飯塚光毅葉山奨之
日立叶枝木野花
津軽晴果田島みゆか
天草純平新井浩文
十勝みのる山内圭哉
大宮リリエ水沢エレナ
牛久輝成森岡龍
深志研太郎斎藤工
サキ二階堂ふみ
担当スタッフ
プロデューサー伊藤響
河野英裕
大倉寛子
演出苅谷俊介
茂山佳則
脚本大森寿美男
音楽サキタハヂメ

スポンサーリンク

深志研(ふかしけん)

120歳。不老不死で既に120年もの間、拾ったラジオで人間のことを学んできたが、ある理由から人間とは暮らすことができず、孤独に生きている。

しかし、住み着いていた山に紛れ込んできた継実と出会い、名前をつけてもらい、人間界と関わりを持つようになる。

稲庭工務店で住込みで働くようになり、稲庭と友達になる。そして、継実に恋をしてしまい人間の持つ感情や世界について知るようになる。

演 - 綾野剛

高校を卒業した2000年に上京し、スカウトを経てモデルとしてデビューする。俳優デビューは2003年のドラマ『仮面ライダー555』で、早い段階からドラマや映画で主演に選ばれる活躍ぶりを見せた。

2010年を過ぎる頃には本格的に頭角を現し、日本アカデミー賞新人俳優賞やキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などの権威のある賞を毎年の様に受賞しており、近年を代表する俳優の一人と言える。

津軽継実(つがるつぐみ)

22歳。国立富嶽大学農学部応用生物科生命科学研究室の学生。菌を研究している。稲庭からは「菌ジョ」と呼ばれ、いじられている。

子供の頃から病弱で、命について考えることが多く達観している。偶然出会った怪物に興味を持ち、「深志研」という名前をつけて、人間社会に連れてきた。そして深志からは、惹かれ始める。

演 - 二階堂ふみ

幼い頃から映画女優を目指しており、フリーペーパーにグラビアが掲載されたことがきっかけで、2007年にスカウトを受けて芸能界入りを果たす。

同年、ドラマ『受験の神様』で女優としてデビューし、独特なオーラと演技力が評価され、着実に注目を集めていく。2010年を過ぎる頃には日本アカデミー賞新人俳優賞といった権威ある賞を受賞したりと、さらに活躍を続ける。

近年も変わらない活躍を続けており、人気枠のドラマでヒロインとして活躍し続けている。

稲庭聖哉(いなにわ)

24歳。津軽継実と同じ研究室に所属する大学院生。

父親が稲庭工務店を経営しており、多くの住込みが家で暮らしている。そこに深志研を住まわせることを提案する。

深志とは同居人であり友人となるが、津軽継実に好意があるため三角関係となる。

演 - 柳楽優弥

「楽しそう」という軽いきっかけで俳優を目指す。しかし、映画『誰も知らない』で監督を務めた『是枝裕和』に目力を高く評価され、初オーディションにして主役に抜擢される。またその作品が第57回カンヌ国際映画祭に出品され当時14歳で史上最年少の男優賞を受賞することになるシンデレラボーイ。

その後はこの受賞のプレッシャーなどから実質休業状態となるが、2013年ごろから本格的に活動を再開しており、個性的な演技で着実に人気、実力を伸ばし続けている。

柳楽優弥が最近出演したドラマ

鶴丸十四文(つるまるとしふみ)

67歳。津軽や稲葉の研究室の教授。遺伝子などの研究をしており、怪物を普通の人間にすることができるか研究していく。

演 - 柄本明

映画や演劇好きの両親の影響で、幼い頃から俳優にあこがれを持っており、一度は就職するものの演劇教室に通い、1974年に自由劇場に参加し俳優デビューを果たす。

独特の雰囲気と風貌から徐々に人気を獲得し、やがてドラマや映画でも起用されるようになる。以降も着実に人気、演技力を伸ばしていき1998年に日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、近年もなお名脇役として活躍し受賞もされている。

柄本明が最近出演したドラマ

稲庭恵治郎(いなにわ)

55歳。稲庭聖哉の父。稲庭工務店の社長。身寄りのない人間を拾ってきては、家に住まわせ、職人に育てている。身内からは夜回り援助面接と呼ばれている。

聖哉が連れてきた深志も同じように扱っている。

演 - 光石研

16歳で『博多っ子純情』のエキストラのオーディションを受けたところ主役に選ばれデビューする。役の幅の広さと完成度の高さが評価されていて、優しい役、厳しい役、変質者まで名脇役として多くの作品に出演している。

光石研が最近出演したドラマ

玉名瑠似(たまな)

25歳。以前は稲庭工務店で住込みで働いていたが、現在は工務店と深い関係の設計事務所の70歳の社長と結婚して、通いで事務員や家政婦のような仕事をしている。ほのかに妖艶な雰囲気を漂わせている。

演 - 大西礼芳

2011年デビューの若手女優。連続テレビ小説や大河ドラマといった人気枠を含む作品で、ゲストや端役として起用されている。

大西礼芳が最近出演したドラマ

宍喰丈(ししくい)

40歳。稲庭工務店に通いで勤めている職人。上下関係に厳しく、舐めた口を聞く深志に注意することもしばしば。

演 - 篠原篤

2010年頃から映像作品に出演し、細々と俳優活動を続けていた。

大きな転機になったのが2015年放映の映画『恋人たち』で主演に選ばれ、同作品が高く評価されるとともに、自身もキネマ旬報ベスト・テン、日本アカデミー賞など権威のある新人賞を受賞している。

以降は映画やドラマの仕事が増え始めており、期待の俳優と言える。

篠原篤が最近出演したドラマ
真昼の悪魔
真昼の悪魔

芳賀明善

米子秋良(よなご)

26歳。稲庭工務店に通いで勤めている職人。

室園美琴(むろぞのみこと)

20歳。稲庭工務店の住込みの職人。元ヤンキーだったが、稲庭の父に拾われて3年修行して今の職についている。誰に対しても口が悪く、いつもトゲトゲしたオーラを放っているが、実は聖哉に恋心を抱いている。

人によって、苗字で呼んでほしい場合と、名前で呼んでほしい場合がある。

演 - 川栄李奈

AKB48の元メンバー。2015年にグループを卒業し女優へと転身する。転身後は早々に演技力が見出され2016年の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では出演シーンの多い大役に選ばれている。

飯塚光毅(いいづかみつき)

18歳。稲庭工務店に通いで勤める職人。

演 - 葉山奨之

2011年にドラマ『鈴木先生』でデビューした。その後、端役ながら約5年で40本近い作品で出演を重ねている。

葉山奨之が最近出演したドラマ

日立叶枝(ひたち)

74歳。継実の祖母。

演 - 木野花

美術教師をしていたが退職。その後、雑誌のアングラ特集を見て演劇活動を始める。「劇団青い鳥」を結成し、アングラ演劇ブームの火付け役となる。

その後は同劇団を退団し「劇団☆新感線」へ入団。演劇をはじめ、ドラマや映画でインパクトの強い演技をみせている。

木野花が最近出演したドラマ
女囚セブン
女囚セブン

平塚うめ

銭の戦争
銭の戦争

白石三保子

津軽晴果(つがる)

25歳。継実の姉。ルームシェアしている。病弱の継実をいつも心配している。

天草純平(あまくさじゅんぺい)

35歳。ラジオ番組のレポーター。リスナーの悩みに答えるコーナーを担当している。面白くないと十勝に罵倒されることもあるが、実は裏で糸を引いているのは大宮。

演 - 新井浩文

有名になりたいという動機で上京し俳優を目指す。2001年には映画『GO』でデビューし、翌年には映画『青い春』で主演に選ばれる。同作で第17回高崎映画祭の最優秀新人賞を受賞し、デビュー早々に活躍が続いた。

近年はドラマ『下町ロケット』『真田丸』などのヒット作品で活躍するなど注目を集めている。

新井浩文が最近出演したドラマ

十勝みのる(とかちみのる)

46歳。ラジオ番組のDJ。相方の大宮とはプライベートでも関係があるという噂。

大宮リリエ(おおみやりりえ)

25歳。ラジオ番組のDJ。十勝の相方。プライベートの関係を噂されている。番組のコーナーに天草純平のレポートのコーナーがあるが、あまり好きではなく、十勝に罵倒させるようにし受けたりしている。

演 - 水沢エレナ

日本人と韓国人のハーフ女優。2003年からモデルとして活動しており、2007年からは女優としても活動している。近年は2016年のドラマ『せいせいするほど、愛してる』で脇役に選ばれるなど活躍を続けている。

牛久輝成(うしく)

30歳。

演 - 森岡龍

2004年デビューの俳優。近年はメジャーなドラマ枠に端役で出演している。

森岡龍が最近出演したドラマ
カルテット
カルテット

別府圭

深志研太郎(ふかしけんたろう)

深志研の父。死んでいた研を蘇らせた。

演 - 斎藤工

当初は映画の製作に興味を持っていたが、映画『竜馬暗殺』を観て俳優を志す。15歳の頃には自分で芸能事務所を探し、モデルとして芸能界入りを果たす。

俳優デビューは映画『時の香り〜リメンバー·ミー』でプロデューサーからのスカウトによるもの。以降は多くの作品で出演を重ね演技力を磨くとともに、着実に人気を獲得する。
2010年を過ぎる頃には、人気枠の大役に選ばれたり深夜帯などのマイナー枠では主演に選ばれる。

話題作となった2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』では主演の上戸彩の相手役を演じ、一気に人気に火がつき、近年は人気枠の主演を張る人気俳優として活躍する。

斎藤工が最近出演したドラマ

サキ(さき)

継実の高祖母の妹。深志研とも関係がある。

演 - 二階堂ふみ

幼い頃から映画女優を目指しており、フリーペーパーにグラビアが掲載されたことがきっかけで、2007年にスカウトを受けて芸能界入りを果たす。

同年、ドラマ『受験の神様』で女優としてデビューし、独特なオーラと演技力が評価され、着実に注目を集めていく。2010年を過ぎる頃には日本アカデミー賞新人俳優賞といった権威ある賞を受賞したりと、さらに活躍を続ける。

近年も変わらない活躍を続けており、人気枠のドラマでヒロインとして活躍し続けている。

スポンサーリンク

^