救命病棟24時 第3シリーズ キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルフジテレビ
放送期間2005/01/11 ~ 2005/03/22
放送時間火 21:00 ~ 21:54

2005年1月11日スタートのフジテレビ系火曜日21時の枠は『救命病棟24時 第3シリーズ』

人気ドラマ『救命病棟24時』の第3シリーズで今回も前作と変わらず『福田靖』のオリジナルストーリーとなる。

本作の舞台は大病院の救命救急センターで、緊迫する救命救急医療の現場で医師や患者の人間模様を描いた医療ヒューマンドラマとなっている。

キャストは前作に引き続き、主役の「進藤一生」には『江口洋介』が選ばれている。江口洋介は近年では視聴率30%を超えた医療ドラマ『白い巨塔』に出演している。

ヒロインである「小島楓」には『松嶋菜々子』が選ばれている。松嶋菜々子は『やまとなでしこ』『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』などで主演に選ばれ大ヒットに導いたトップクラスの女優の地位を確立している。

他にも『香川照之』『仲村トオル』などのベテランが脇役として出演する人気シリーズならではの豪華な顔ぶれとなっている。

救命病棟24時 第3シリーズの相関図

現在準備中です。

スポンサーリンク

救命病棟24時 第3シリーズのキャスト・スタッフ

俳優
進藤一生江口洋介
小島楓松嶋菜々子
黒木春正香川照之
日比谷学小市慢太郎
河野純介川岡大次郎
須藤昌代鷲尾真知子
伊坂千秋田村たがめ
佐倉亮太大泉洋
大友葉月MEGUMI
橘ゆかり尾野真千子
磯部望京野ことみ
寺泉隼人仲村トオル
加賀裕樹石黒賢
河野定雄平田満
河野和也小栗旬
河原崎美江子深浦加奈子
担当スタッフ
プロデューサー中島久美子
増本淳
演出若松節朗
水田成英
西谷弘
村谷嘉則
脚本福田靖
音楽佐橋俊彦

スポンサーリンク

進藤一生(しんどういっせい)

37歳。国際人道支援医師団に所属する天才外科医。その突出した能力と強い正義感から他の医師とのトラブルが多い。

同じ地域で医者をしていた「山室剛」の遺族に会うためにアフリカから一時帰国し、師弟関係にある「小島楓」と学会で偶然再会する。また、同じタイミングで震災に巻き込まれてしまう。

演 - 江口洋介

デビュー間もない1987年に映画『湘南爆走族』で漢字違いの同姓同名である主役に選ばれ、一躍有名になる。

その後は『東京ラブストーリー』などのトレンディドラマでことごとく大役を掴む。『ひとつ屋根の下』シリーズでは最高視聴率37.8%の大ヒットを記録する。

2000年頃になると『救命病棟24時』シリーズや『白い巨塔』など医師の役が増え始め、その後、主役を含む大役に数多く選ばれ続けている。

役の系統も近年は頼りなかったりクセのある役などに挑戦し、幅を広げている。

江口洋介が最近出演したドラマ

小島楓(こじまかえで)

31歳。東都中央病院高度救命救急センター救命医。進藤の指導により一流の救命救急医となる。

シアトルへの赴任が決まっている「加賀裕樹」と結婚を前提に交際しており、結婚して救命医をやめるか、プロポーズを断るかの選択を決まられずにいる。

そして、そんなタイミングで震災に巻き込まれてしまう。

演 - 松嶋菜々子

旭化成水着マスコットガールに選ばれたことがきっかけで、モデルとしてデビューを果たす。少しずつ女優の仕事も増やし連続テレビ小説『ひまわり』のヒロインの座を掴む。

以降も大役に選ばれており、2000年頃には『百年の物語』『やまとなでしこ』などで次々と高視聴率を叩き出し、主演女優賞多数といったトップ女優に化ける。

一度出産で活動を休止していたが、復帰後もヒットメーカーぶりは健在。近年では『家政婦のミタ』でテレビドラマ史上歴代3位タイとなる40.0%を記録する快挙を達成している。

松嶋菜々子が最近出演したドラマ

黒木春正(くろきはるまさ)

40歳。東都中央病院高度救命救急センターの医局長。勤務中に震災に巻き込まれ、頭部から出血しながらも現場をまとめたりと、いざという時に頼られる存在。

演 - 香川照之

1989年の大河ドラマ『春日局』で俳優デビューを果たす。

2000年の映画『スリ』『独立少年合唱団』でキネマ旬報ベスト・テン助演男優賞など権威のある賞を獲得し、2002年の大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』では高視聴率獲得に大きく貢献し、名前が広く知られる様になった。

その後は毎年の様に数々の賞を受賞し続けている。近年は2013年の『半沢直樹』など大ヒット作を始め、多くのメジャーなドラマの脇役で視聴率に貢献している。

香川照之が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

小野田義信

日比谷学(ひびやまなぶ)

39歳。東都中央病院高度救命救急センターの救命医。確かな実力を持っているが、患者に対してドライに接している。そのため「河野純介」と対立することが多い。

演 - 小市慢太郎

劇団M.O.Pの看板俳優として活躍していた俳優。同劇団には大学生の頃から所属している。所属中もドラマや映画で活躍しており、出演作品は多数。

近年も、いかにも裏がありそうな不敵な役がハマっており、多くの作品で名脇役俳優として活躍を続けている。

小市慢太郎が最近出演したドラマ

河野純介(こうのじゅんすけ)

25歳。東都中央病院高度救命救急センターの研修医。生真面目でストイックな性格。また、患者に対して熱い気持ちで接しているため、ドライに患者に接する「日比谷学」と対立することが多い。

演 - 川岡大次郎

1997年にデビューした俳優。ゲストや端役を中心に近年に至るまで出演を続けている。

須藤昌代(すどうまさよ)

東都中央病院の看護師長。

伊坂千秋(いさかちあき)

東都中央病院看護師。楓と仲が良く名前で呼び合っている。

演 - 田村たがめ

大人計画所属の女優。2000年頃からテレビドラマに出演し始める。2007年のドラマ『キッパリ!』以降、映像作品ではほとんど見られなくなった。

佐倉亮太(さくらりょうた)

28歳。東都中央病院看護師。あだ名はモジャ公。いつも明るく、常に冗談を言い続けている。「大友葉月」からは煙たがれている。

『大泉洋』は本作で連続ドラマ初出演を果たす。

演 - 大泉洋

1995年から映画やバラエティーに出演し始め、ローカルバラエティー『水曜どうでしょう』の人気上昇とともに本人の顔も知られる様になる。

2005年には『救命病棟24時』にドラマ初出演し、以降は演技力も評価され、近年に至るまで多くの人気作の脇役に選ばれている。

大友葉月(おおともはづき)

23歳。東都中央病院看護師。気の強い性格で普段は一切笑顔を見せない。また名前で呼ばれることに過剰に反応しており「佐倉亮太」に馴れ馴れしく呼ばれると怒りをあらわにする。

震災の直後に患者を置いて家に帰ったため、残り続けた看護師から孤立してしまう。

演 - MEGUMI

元グラビアアイドル。2003年から女優業を開始し、近年は毎年10本弱の作品にゲストとして出演する。

橘ゆかり(たちばなゆかり)

東都中央病院の看護師。

演 - 尾野真千子

中学生の頃、学校の掃除をしていたところ映画監督『河瀬直美』の目にとまり、1997年の映画『萌の朱雀』で主演という形で女優デビュー。第12回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞するなど才能を開花させた。

高校卒業を待ち、上京して本格的に女優活動をはじめる。ゲストや端役、脇役といった形で出演を重ね、知名度をあげ、2007年頃からは毎年のように賞を受賞している。

連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインへの抜擢がさらに人気の高まりを後押しし、その後は主演やヒロインを中心に活躍する名女優となる。

尾野真千子が最近出演したドラマ

磯部望(いそべのぞみ)

26歳。養護教諭。元看護師だが、医療ミスの責任を押し付けられ辞めた過去がある。

演 - 京野ことみ

1992年の映画『七人のおたく』でオーディションを経て女優デビューを果たす。その後も2014年頃まで脇役や端役を中心に多くの作品に出演し続けた。

寺泉隼人(てらいずみはやと)

39歳。衆議院議員。政治活動を何よりも大切にしており、救済活動は自分の仕事ではなく医者の仕事とドライに考える。しかし、震災に家族が巻き込まれた事により、少しずつ行動に変化が現れる。

演 - 仲村トオル

1985年の映画『ビー・バップ・ハイスクール』の主演オーディションを勝ち抜き主演デビューを果たし日本アカデミー賞新人賞などを受賞した。
翌年には『あぶない刑事』に出演し、どちらも大ヒットした上に役名がトオルだったため、早々に人気俳優となった。

以降は主役を含む大役を中心に活躍し続け『チーム・バチスタの栄光』がシリーズ化されるなど近年に至るまでその活躍を続けている。

加賀裕樹(かがひろき)

35歳。楓の恋人。商社マンでシアトルへの転勤が決まっている。楓に救命医をやめて結婚してシアトルへ移り住むというプロポーズをようやく受けてもらった矢先、震災にあってしまう。

演 - 石黒賢

1983年のドラマ『青が散る』で俳優デビューする。幅広い役柄で活躍しており、近年は脇役やゲストでの出演を中心に活躍を続けている。

石黒賢が最近出演したドラマ

河野定雄(こうのさだお)

河野医院の院長。純介と和也の父。小さな町医者だが、医者である事に誇りを持っており倒れる寸前まで自分の病院や避難所で医療活動にあたる。

震災の直後に重症者を運んできた進藤と出会っている。

演 - 平田満

学生時代から演劇部に所属しており、同時期に劇作家であり演出家の『つかこうへい』に出会い、1974年に劇団つかこうへい事務所旗揚げに参加し、屋台骨を支えてきた。

その後、着実に力をつけてCMなどを通して露出が増え始める。その矢先1982年に『蒲田行進曲』で人気に火がつき、映像作品の出演も増える。

以後、脇役や端役を中心に近年に至るまで多くの出演を重ねる。近年は、冴えない中年の役や、闇を持った不気味な役で不動の地位を築いている。

平田満が最近出演したドラマ

河野和也(こうのかずや)

22歳。医大生。純介の弟。ロック好きで兄とは正反対の性格。母親を純介の病院に運んだ際に、いつのまにか病院の手伝いをさせられるが、文句を言いながらもしっかり手伝っている。

演 - 小栗旬

小学校の頃に新聞に記載された小さなオーディションに自ら応募し、エキストラとしてデビューする。少しずつ出演を重ね、2000年頃にはメジャーなドラマ枠で脇役として出演できるようになる。

大きなブレイクのきっかけになったのは2005年からシリーズ化されたドラマ『花より男子』の花沢類役。その後は多くの大役に選ばれ、近年はダークヒーローからコミカルな役まで幅広い役で主演に選ばれる役者として活躍している。

小栗旬が最近出演したドラマ

河原崎美江子(かわらざきみえこ)

42歳。河野医院の看護師。救命の前線で活躍する進藤の非情な医療活動に当初ついていけなかったが、次第に進藤が誰よりも患者のことを考えている事に気づき進藤をサポートする。

演 - 深浦加奈子

90年代初期からドラマを中心に出演する。『家なき子』『スウィート・ホーム』などヒット作に出演しており、名脇役として活躍を続けていた。

48歳であった2008年に死去している。

スポンサーリンク

^