カインとアベル キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルフジテレビ
放送期間2016/10/17 ~ 2016/12/19
放送時間月 21:00 ~ 21:54

2016年10月17日スタートのフジテレビ系月曜日21時の枠は、月9『カインとアベル』

本作は「旧約聖書 創世記 カインとアベル」を原作にしており、脚本は、複雑な人間関係が絡む人間ドラマで経験を積んでいる『阿相クミコ』が担当している。

旧約聖書に登場するカインとアベルという兄弟が物語の中心。幼い頃から父親が成績優秀な兄だけを寵愛し続けたため、兄に対してコンプレックスの念を持つとともに父からの愛に飢える一人の男性が主人公。
この主人公がある日恋に落ちることになるが、その女性が兄の恋人だということを知り、葛藤と戦いながら成長していく恋愛ドラマであり人間ドラマ。

この主人公をHey! Say! JUMPの『山田涼介』が演じる。また、着実に人気が高まっている『桐谷健太』や『倉科カナ』の出演も決まっており、ベテランどころでは『高嶋政伸』が選ばれている。

スタッフに関しては複雑な人間ドラマを多く手がけてきた面々が揃っている。このスタッフたちが神話を原作に現代風にアレンジするという、前代未聞のドラマに挑戦する。また放送枠は月9となり、王道のラブストーリーで実績の高い枠でありながら、近年は新境地への挑戦が目立っている。

カインとアベルの相関図

カインとアベル <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

カインとアベルのキャスト・スタッフ

俳優
高田優山田涼介
高田隆一桐谷健太
矢作梓倉科カナ
高田貴行高嶋政伸
高田桃子南果歩
黒沢幸助竹中直人
高田宗一郎平幹二朗
高田宗一郎寺尾聡
広瀬早希大塚寧々
団衛木下ほうか
佐々木肇日野陽仁
柴田ひかり山崎紘奈
安藤充西村元貴
三沢陽太戸塚純貴

スポンサーリンク

高田優(たかだゆう)

24歳。高田総合地所株式会社の社長の息子で社員。理屈でものを考えることを嫌い、一見出来が悪く周囲からの評価も自身の評価も低い。副社長である優秀な兄にコンプレックスを抱いている。

しかし、直感や人を惹きつける力を持っており、身近な人間はその力を感じている。

演 - 山田涼介

Hey! Say! JUMPのメンバー。俳優としても活躍しており、アイドルとしての人気だけに頼らず、演技力も評価されている。ドラマ『1ポンドの福音』でドラマ・オブ・ザ・イヤー2008最優秀新人男優賞を受賞した。

その後は数々の主演に抜擢され、映画『暗殺教室』で第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、実力を見せている。

高田隆一(たかだりゅういち)

32歳。高田総合地所株式会社の副社長。幼い頃から優秀で次期社長と自他ともに認めている。一方で幼い頃から父に認めてもらうために必死に期待に応えながら育ってきた。

一見不出来な弟の得体の知れない力に人知れず脅威を感じており、弟が成果をあげると手放しで喜ぶことができない。

演 - 桐谷健太

保育園児の時、初めて映画館で『グーニーズ』を観て役者を志す。大学在学中から俳優養成所アクターズクリニックを卒業し、ドラマ『九龍で会いましょう』で俳優デビューを果たす。

デビュー以降着実に人気を高め、映画関連の賞を受賞したり、「au」のCMの浦島太郎役でさらにブレイクを重ねる。このCMのイメージから明るくバカっぽい役が多い印象だが、実際は笑顔をみせない厳しい性格の役に選ばれることが多く、ハマり役にもなっている。

桐谷健太が最近出演したドラマ

矢作梓(やはぎあずさ)

28歳。高田総合地所株式会社の社員。元気で明るく誰とでもすぐに仲良くなる。それでいてその仕事ぶりは優や隆一を含め周囲から高く評価されている。また副社長である隆一とは恋愛関係にある。

演 - 倉科カナ

高校3年生の時にSMAティーンズオーディション2005でグランプリを受賞し、卒業を待ってから本格的にタレント活動を始めた。

翌年もミスマガジン2006でグランプリを受賞し人気グラビアアイドルとして活躍する。また、この頃から女優業もはじめる。あまり演じ分けている印象はないものの、他の女優が真似できない独特の演技をするため魅力的で評価が高い。

実際に連ドラ『ウェルかめ』ではオーディションで他を抑えて主演を勝ち取るなどの結果を残し、その後も次々と重要な役に選ばれグラビアアイドル出身としては珍しく、第一線で活躍し続けている。

倉科カナが最近出演したドラマ

高田貴行(たかだたかゆき)

55歳。高田総合地所株式会社の社長。完璧主義でミスに細心の注意を払う堅実な仕事ぶり。優秀で自分の仕事のやり方に忠実な長男である隆一ばかりを評価している。

その一方で、次男の優の直感や人を惹きつける力に気づいていて、この性質は苦手意識のある会長である父に近いものであるため、こころよく思っていない。

演 - 高嶋政伸

至ってシンプルな役から、怪演と言われる程の狂気を持った役まで、どんな系統でもしっかりと役に入り込み、役作りの完成度が高いと称される名俳優。

デビュー早々に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど頭角を表しており、数々の主演に抜擢されている。2010年頃からは主演での出演を控え、脇役での出演が中心となる。

そのため、今まで以上に個性的な演技をしている印象があり、たびたび怪演がネットニュースなどで話題にあがっている。

高嶋政伸が最近出演したドラマ
女囚セブン
女囚セブン

内藤裕次郎

高田桃子(たかだももこ)

56歳。高田総合地所株式会社元専務。会長である宗一郎の長女で貴行の姉にあたる。敏腕なエンジェル投資家として活動しており、経済界で顔が広い。宗一郎や優と共通点が多い。

演 - 南果歩

短大在学中に映画『伽倻子のために』のオーディションに応募し、見事主役に選ばれ女優デビューを果たす。デビュー後は主役を含む重要な役を中心に活躍を続け、ブルーリボン賞で助演女優賞を受賞している。

この長いキャリアを活かし、仕事に生きる敏腕な役から天然で抜けている主婦役といった幅で役を選ばずインパクトの強い個性的な演技をみせる。

黒沢幸助(くろさわこうすけ)

58歳。桃子の婚約者。シンガポール在住で自身は投資家として活躍している大物であるが、桃子の弟である貴行からは全く信用されておらず邪険に扱われる。

桃子と同様に、ビジネスを進める上で直感を大切にしているため、優のことも気にいっている。

演 - 竹中直人

大学在学中に映像演出研究会に所属し、監督から俳優までこなしていた。卒業後は劇団青年座に所属しながら、コメディアンとしても才能を発揮し、活躍していた。

数年後には映像作品へのデビューも果たしており、当初はコメディアンとしての資質を活かした奇嬌な脇役が中心だったが、徐々にシリアスな悪役などに演技の幅を広げ、1996年の大河ドラマ『秀吉』では主演を務め、平均視聴率30%を超える大ヒットとなった。

その後も悪役など重要な脇役を中心に出演し、見事な怪演をみせ、今もなお評価され続けている。

高田宗一郎(たかだそういちろう)

82歳。高田総合地所株式会社創業者で会長。優と隆一の祖父で貴行と桃子の父にあたる。

貴行に全面的な信頼を置いており、基本的には経営に口出しすることはないものの、子どもや孫の変化を敏感に感じ取っており、貴行からしてみると目の上のこぶのような存在。桃子と優に対して自分に近しいものを感じている。

役者の『平幹二朗』は本作の放送・撮影期間中に死亡が確認され、後任には『寺尾聡』が選ばれている。

演 - 平幹二朗

漠然と映画監督に興味を持っていたが、転じて俳優座養成所五期生に合格し、俳優を目指すようになる。同座では早々に頭角をあらわし、若手のホープとして注目される。

間も無く映像作品にも出演するようになり、特に時代劇では多大な影響を与えたと言われており、数多くの作品に出演している。大河ドラマでも二度の主演を含む多くの作品で重要な役に選ばれている。

この活躍は80歳を超えても続けておりゴールデンの重要な役を担っていた。しかし、ドラマ『カインとアベル』制作、放送期間中に死亡が確認され遺作となる。また、同作の後任は『寺尾聡』が務めた。

平幹二朗が最近出演したドラマ

高田宗一郎(たかだそういちろう)

演 - 寺尾聡

ベーシスト、シンガーソングライターの顔を持つ俳優。俳優としてのデビューは映画『黒部の太陽』で、この出演をきっかけに石原裕次郎門下となり、刑事ドラマを中心に活躍した。

その後も音楽と演劇の二足の草鞋を履き続け、日本レコード大賞並びに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、後にも先にも例のない快挙を成し遂げる。

この活躍は衰えることを知らず、今もなお人気のドラマ枠で主役を張り続けている。

広瀬早希(ひろせさき)

46歳。優の行きつけの小料理屋「HIROSE」の女将。貴行や隆一もかつて常連だったので、高田家や高田総合地所株式会社のことはよく知っている。現在は優の相談相手であり良き理解者。

演 - 大塚寧々

脇役を中心に活躍している女優。

モデルとしてデビューし、その後女優に転身している。出演作は多く、キャリアウーマンといった厳しい性格の役から、おっとりとした役まで幅広い演技力を持っている。

団衛(だんまもる)

50歳。高田総合地所株式会社の営業部部長。ラグビー部出身で体育会気質で長いものに巻かれ、部下には熱く接する。ショッピングモール建設の特設チームのリーダーで優の上司となる。

演 - 木下ほうか

1980年に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し俳優デビューを果たす。その後吉本新喜劇に入団したが、当時はなかなか芽が出ず、3年で退団している。

1989年に上京し、改めて俳優活動を再開する。Vシネマなどを中心に活動していたが、多くの出演作の中で着々と演技を磨き、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』では意地悪で高慢な夫役を演じ一躍大ブレイクを果たす。

その後は性格に難のある役に選ばれ続け、この系統の役で右に出るものはいない勢いで活躍している。

木下ほうかが最近出演したドラマ
水族館ガール
水族館ガール

森下洋司

佐々木肇(ささきはじめ)

50歳。高田総合地所株式会社の営業部第5課課長。間違ったことは上司だろうと許せないタイプで、団と同期入社ながら出世は遅れている。しかし、部下からは信頼されている。

演 - 日野陽仁

刑事ドラマや時代劇を中心に活躍している俳優。『北野武』に独特の演技力を買われており『キッズ・リターン』などの北野映画に出演している。

役の幅にも定評があり、悪役、善人、コミカルな役まで多種多様な役を演じることができる。

柴田ひかり(しばたひかり)

24歳。高田総合地所株式会社の社員。優の同期。入社直後から優に好意を抱いており、気持ちが自分にないことも気づいている。それでいて親友という形で優と関係を築いていて、優自身もひかりを信頼している。

優とともに「HIROSE」の常連客。

演 - 山崎紘奈

第7回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞したのをきっかけに、映画『僕等がいた』で映画初出演を果たす。その後、映画『神さまの言うとおり』でヒロインを演じるなど、順調に活躍を続けている。

安藤充(あんどうみつる)

26歳。高田総合地所株式会社の社員。

演 - 西村元貴

端役を中心に出演を重ねている若手俳優。『水族館ガール』では主演の『松岡茉優』の相手役で鼻にかかる元彼役を好演しており、徐々に力をつけている。

西村元貴が最近出演したドラマ
水族館ガール
水族館ガール

矢神拓也

三沢陽太(みさわようた)

25歳。高田総合地所株式会社の社員。

演 - 戸塚純貴

第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストをきっかけに芸能界入りを果たす。その後『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』で俳優デビューを果たす。

その後、映画やCSドラマなどで主演に選ばれるなど、着実に活躍の場を広げている。

スポンサーリンク

^