ひよっこ キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルNHK総合
放送期間2017/04/03 ~
放送時間月〜土 08:00 ~ 08:15

2017年4月3日スタートのNHK平日8時の枠は朝ドラこと連続テレビ小説『ひよっこ』

原作はなく、3度目の連続テレビ小説の挑戦となる『岡田惠和』が脚本を手がける。

東京五輪が開催された1964年から物語は始まる。高度経済成長期にあたる時代で、この成長に寄与したのは多くの名もなき働き手。このうちの一人が本作のヒロインとなる。

ヒロインがまだ「ひよっこ」の頃から東京に根を張り、様々な出来事を通して人として成長する波乱万丈のヒューマンドラマとなっている。

キャストに関しては、かつて連続テレビ小説を機にブレイクを果たした『有村架純』がヒロインとして再度出演する。『岡田惠和』の強い希望から、オーディションなしで出演を決めており、異例の選出となる。
他にも『沢村一樹』『木村佳乃』といったベテラン俳優も選ばれており、豪華な面々の揃うキャスト陣となる。

スタッフに関しては前述の通り『岡田惠和』は連続テレビ小説での経験値が高く、演出の『黒崎博』に関しても本作が3度目の連続テレビ小説の演出となる。

音楽はドラマだけに限らずアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』など幅広い作品で活躍をしている『宮川彬良』が担当しており、キャスト陣に引けを取らない力のあるメンバーが揃っている。

ひよっこの相関図

ひよっこ <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

ひよっこのキャスト・スタッフ

俳優
谷田部みね子有村架純
谷田部実沢村一樹
谷田部美代子木村佳乃
谷田部茂古谷一行
小祝宗男峯田和伸
谷田部ちよ子宮原和
谷田部進髙橋來
助川時子佐久間由衣
助川正二遠山俊也
助川君子羽田美智子
助川豊作渋谷謙人
角谷三男泉澤祐希
角谷征雄朝倉伸二
角谷きよ柴田理恵
角谷太郎尾上寛之
田神学津田寛治
益子次郎松尾諭
牧野鈴子宮本信子
牧野省吾佐々木蔵之介
井川元治やついいちろう
前田秀俊磯村勇斗
朝倉高子佐藤仁美
永井愛子和久井映見
森和夫陰山泰
秋葉幸子小島藤子
夏井優子八木優希
青天目澄子松本穂香
兼平豊子藤野涼子
松下明奥田洋平
綿引正義竜星涼
高島雄大井之脇海
担当スタッフ
プロデューサー菓子浩
山本晃久
演出黒崎博
田中正
福岡利武
脚本岡田惠和
音楽宮川彬良

スポンサーリンク

谷田部みね子(やたべみねこ)

高校3年生。明るく働き者の母である美代子を尊敬しており、卒業後は母を手伝い畑仕事をするつもりだった。そんな矢先、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になり、生活のために上京し集団就職することとなる。

様々なトラブルに遭いながらも、優しい人たちに囲まれながら、見知らぬ街だった東京に根を張っていく。

演 - 有村架純

2009年、高校在学中に現事務所のオーディションを受け合格する。当初は端役として出演していたが、2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』で大ブレイクを果たし、2014年に最もブレイクを期待されるタレントと言われた。

以降は期待通りの活躍で、主演、ヒロインを中心に役が決まるようになり、2016年の映画『ビリギャル』では日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を獲得する。

また2017年にはブレイクのきっかけとなった連続テレビ小説にヒロインとして出演がきまり、脚本を担当する『岡田惠和』の強い希望からオーディションを行わない異例の措置が取られている。

谷田部実(やたべみのる)

みね子の父。家族想い。農業が大好きで、農作業をしていたいが、不作に見舞われたため東京の工事現場で出稼ぎをしている。
しかし、ある時消息不明となってしまう。

演 - 沢村一樹

小学生の頃から芸能界を目指しており、20歳で上京し、俳優を目指しながらモデルの仕事をしていた。25歳でメンズクラブの専属モデルに選ばれる。

徐々に知名度を高め、1996年に映画『松田のドラマ』で主演という形で俳優デビューを飾る。以降も着実に人気を高めながら演技力が磨かれ、近年は主演を含む大役で数多く活躍している。

沢村一樹が最近出演したドラマ

谷田部美代子(やたべみよこ)

みね子の母。いつも明るく、農作業や内職に精を出す働き者。そんな姿がみね子に尊敬されている。夫の実が出稼ぎをしており、寂しい気持ちを持っていたが、追い打ちをかけるかのように実が行方不明になってしまう。

演 - 木村佳乃

高校在学中から読者モデルとして活躍しており、1996年に女優デビューを果たす。翌年には映画『失楽園』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、早々に頭角をあらわした。

2011年ごろから2度の出産で仕事がセーブされていたが、近年はまた一線で活躍し、高い演技力を存分に発揮している。

谷田部茂(やたべしげる)

みね子の祖父。実の父。口が悪いが、本当は家族のよき理解者でさりげない優しさをみせる。農業一筋で生きてきており、出稼ぎに実を出していることを心苦しく感じている。

演 - 古谷一行

1967年から俳優活動を始めており、舞台やドラマを中心に近年もなお活躍を続けている。出演作品は非常に多く、とりわけ刑事ドラマやミステリードラマを中心に活躍している。

小祝宗男(こいわいむねお)

みね子の叔父。実の弟。少し離れた村に養子に出たが、実が不在となった谷田部家を気にかけ、野菜などを持ってきては、元気をふりまいていく。

演 - 峯田和伸

ロックバンド銀杏BOYZのメンバー。2015年ごろから、俳優としての活動も増えている。

谷田部ちよ子(やたべちよこ)

みね子の妹。

演 - 宮原和

2013年にデビューした子役。端役を中心に出演を重ねている。

谷田部進(やたべすすむ)

みね子の弟。

演 - 髙橋來

2013年のドラマ『検事・朝日奈耀子』で俳優デビューしている子役。ゲストでの出演は多いが近年のドラマ『Woman』や『アイムホーム』などでは主演数が多い役にも選ばれており、高い演技力を見せている。

助川時子(すけがわときこ)

みね子の幼なじみで同級生。気が強く、みね子と対照的な性格。村一番の美少女と言われており、自らも自負している。卒業後は上京し集団就職することが決まっているが、女優になる夢を持っている。

演 - 佐久間由衣

2013年からファッションモデルとして活動しており、翌年には女優デビューを果たす。さらに翌年の2015年に深夜ドラマながら『トランジットガールズ』で主演に選ばれる。

2017年には連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの幼なじみの役に抜擢され、ブレイクを予感させる活躍ぶりをみせている。

助川正二(すけがわしょうじ)

時子の父。谷田部家とは家族ぐるみで仲が良く、毎年農作業を手伝っている。妻の君子の尻に敷かれているようにみられている。

演 - 遠山俊也

80年代から俳優として活動を始め、端役ながら近年も年間10本ほどの作品に出演を続けている。

助川君子(すけがわきみこ)

時子の母。みね子の母である美代子とは幼なじみ。谷田部家の農作業を手伝うことが多いが、その度におしゃべりに花を咲かせている。

時子には堅実に生きてほしいと願っており、上京には反対している。

演 - 羽田美智子

1988年に芸能界に入り、同年女優としてもデビューする。順調にキャリアを重ね、映画『RAMPO』のヒロインに選ばれ注目を集めると、『奥山和由』の下で松竹専属の映画女優となる。

2000年頃からはドラマにも進出しており、多くの作品で助演を中心に活躍を続ける。近年は『花嫁のれん』シリーズの主演にも選ばれている。

助川豊作(すけがわとよさく)

時子の兄。

演 - 渋谷謙人

子役としてデビューし、近年に至るまで継続して映画やドラマに出演を続けている。近年は端役が中心ではあるが出演作が急増しており、作品にはゴールデンの人気枠が含まれている。

渋谷謙人が最近出演したドラマ

角谷三男(すみたにみつお)

みね子の幼なじみで同級生。農家の三男で継ぐことができず、不本意ながら集団就職で日本橋の米屋で働くことが決まっている。また、時子に対して片思いをしている。

演 - 泉澤祐希

1999年にデビューし、子役から活躍しているベテラン俳優。近年も端役ながら出演を重ねている。

角谷征雄(すみたにまさお)

三男の父。

演 - 朝倉伸二

90年代初頭から活動しているベテラン俳優。近年は刑事ドラマを中心に出演を重ねている。

角谷きよ(すみたにきよ)

三男の母。三男の顔を見れば、農作業を手伝うよう口うるさくしているが、三男上京の際は誰よりも号泣するなど深い情を持っている。

演 - 柴田理恵

タレント、芸人、女優と幅広く活躍するマルチタレント。女優としては80年代から出演し始め、近年は年間1本ほどではあるが活躍を続けている。

角谷太郎(すみたにたろう)

三男の兄。

演 - 尾上寛之

90年代中頃から子役として活動していた。端役やゲストではあるが連続テレビ小説などメジャーな枠に数多く出演しており、近年もなお出演を重ねている。

田神学(たがみまなぶ)

みね子の担任。

演 - 津田寛治

幼い頃から映画俳優を目指しており、アルバイトをしながら劇団員として活動していた。アルバイト先の喫茶店に偶然訪れた『北野武』に自分を売り込んだのをきっかけに同監督作品『ソナチネ』で映画デビューを果たしている。

その後も着実に出番を増やし、近年は自ら監督・脚本を担当した短編映画が評価されたり、ドラマ『食の軍師』で連ドラ初主演に選ばれるなど活躍が続いている。

津田寛治が最近出演したドラマ

益子次郎(ますこじろう)

みね子たちが通学に使うバスの車掌。長年、子供達の成長をみてきたので、ほとんどの村人と顔なじみで乗客とはしばしば会話に花を咲かせている。

演 - 松尾諭

2000年に偶然の出来事をきっかけに現在所属しているエフ・エム・ジーの社長と知り合い芸能界入りを果たす。端役としてキャリアを積み、2007年の『SP 警視庁警備部警護課第四係』で主要な役を掴み、注目を浴び始める。

以降も端役ではあるものの、出演シーンの多い役、注目作に多く出演するようになったため、インパクトのあるルックスから顔は広く知られるようになる。

牧野鈴子(まきのすずこ)

赤坂の洋食屋すずふり亭の主人。

演 - 宮本信子

60年代から活動していたが、脇役での出演が多かった。しかし、1984年に夫の『伊丹十三』が脚本、監督を担当した『お葬式』に主演し、ブレイクを果たした。

個性派女優として活躍を続け、近年は年間1本ほどではあるが要所で起用される名脇役として活躍を続けている。

牧野省吾(まきのしょうご)

鈴子の息子。すずふり亭の料理長。

演 - 佐々木蔵之介

90年代の初頭に脱サラし劇団俳優として活動を始める。1998年に退団し、映像作品に出演し始める。2000年の連続テレビ小説『オードリー』で注目を集め、以降は名脇役として出演するようになる。

近年は映画を中心に主演を含む大役での出演を中心に活躍を続けている。

井川元治(いがわげんじ)

すずふり亭のコック。

演 - やついいちろう

お笑いコンビのエレキコミックのボケ担当。2017年の連続テレビ小説『ひよっこ』への出演を決めている。

前田秀俊(まえだひでとし)

すずふり亭の見習いコック。

演 - 磯村勇斗

2013年デビューの若手俳優。端役やゲストとして出演を重ねている。

朝倉高子(あさくらたかこ)

すずふり亭のホール担当。

演 - 佐藤仁美

1995年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、本格的に女優としてデビューする。着実に人気を獲得し、1997年には映画『バウンス ko GALS』で主演しキネマ旬報新人女優賞を受賞している。

その後も、脇役での出演を中心に活躍を続けており、近年は年間10本弱といったペースで出演を続けている。

永井愛子(ながいあいこ)

向島電機の乙女寮舎監。

演 - 和久井映見

1988年から活動しているベテラン女優。デビューのきっかけはディズニーランドでのスカウトがきっかけだった。

ドラマや映画で出演を重ね、1991年の映画『息子』『就職戦線異状なし』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞する。さらに1993年にも映画『虹の橋』日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞する。

以降は主演女優の座を確固たるものとし、月9など数多くの人気枠のドラマの主演に選ばれている。

近年は脇役での出演が中心ではあるが、ベテランの演技力で若手の脇を支える形で活躍を続けている。

森和夫(もりかずお)

乙女寮の料理人。

演 - 陰山泰

舞台俳優として活躍しながら、90年代の後半からは映像作品にも出演し始め、端役が中心ながら出演を重ねている。

秋葉幸子(あきばさちこ)

みね子の先輩。乙女寮に住んでいる。

演 - 小島藤子

2006年にスカウトを経てモデルとしてデビューし、2008年にはドラマ『キミ犯人じゃないよね?』で女優としてもデビューを果たす。

その後、近年に至るまで端役が中心ではあるが、連続テレビ小説や大河ドラマといった人気枠を含む作品で出演を重ねている。

夏井優子(なついゆうこ)

みね子の先輩。乙女寮に住んでいる。

演 - 八木優希

2001年の『仮面ライダーアギト』に出演し、0歳にしてデビューした。その後、子役として出演を重ね、近年まで年間5本前後の作品に安定して出演を続けている。

青天目澄子(なばためすみこ)

みね子の先輩。乙女寮に住んでいる。

演 - 松本穂香

2016年にデビューした若手女優。端役やゲストとして出演を重ねている。

兼平豊子(かねひらとよこ)

みね子の先輩。乙女寮に住んでいる。

演 - 藤野涼子

2015年の映画『ソロモンの偽証』のオーディションで演技経験がほとんどないにも関わらず、約10,000人の中から主演の座を勝ち取った。
同作は日本アカデミー賞新人俳優賞など権威ある賞を数多く受賞した。ブレイクが期待される若手女優と言える。

松下明(まつしたあきら)

トランジスタラジオ工場の主任。

演 - 奥田洋平

90年代から舞台を中心に活躍してきたベテラン俳優。2016年からNHK作品を中心にドラマにも出演し始める。

綿引正義(わたひきまさよし)

赤坂警察署管内の五丁目派出所の警察官。

演 - 竜星涼

スカウトを経て、2010年に芸能界入りする。2013年の『獣電戦隊キョウリュウジャー』の主演や、その他ゲストや端役として出演を続けている。

竜星涼が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

中村俊哉

高島雄大(たかしまゆうだい)

幸子の婚約者。音楽家を目指している。

演 - 井之脇海

2006年にデビューした若手俳優。デビュー当時10歳だった。2008年の映画『トウキョウソナタ』でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞受賞を受賞している。

スポンサーリンク

^