ダメな私に恋してください キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルTBS
放送期間2016/01/12 ~ 2016/03/15
放送時間火 22:00 ~ 22:54

2016年1月12日スタートのTBS系火曜日22時の枠は、火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』

『中原アヤ』の同名の漫画『ダメな私に恋してください』を原作として『吉澤智子』が脚本を手がける。

主人公にあたる貢ぎ体質で職なし、金なし、彼氏なしの30歳の女子が、仕事や三角関係が絡むような複雑な恋に悩みながら幸せを掴もうと邁進するラブコメディー。

キャストは天然のおバカキャラの演技が高く評価されている『深田恭子』が主演を演じ、これ以上にない人選といえる。主人公を囲む男性としては注目を浴び始めている『ディーン・フジオカ』『三浦翔平』が選ばれている。

他にも『ミムラ』『野村麻帆』といった助演として長く活躍している面々も揃ったキャストの構成となっている。

ダメな私に恋してくださいの相関図

ダメな私に恋してください <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

ダメな私に恋してくださいのキャスト・スタッフ

俳優
柴田ミチコ深田恭子
黒沢歩ディーン・フジオカ
最上大地三浦翔平
黒沢春子ミムラ
生嶋晶野波麻帆
鯉田和夫小野武彦
照井学鈴木貴之
玉井剛石黒英雄
星武クロちゃん
森努小松和重
門真由紀佐野ひなこ
中島美咲内藤理沙

スポンサーリンク

柴田ミチコ(しばたみちこ)

30歳。貢ぎ体質なダメ女。ある日会社が倒産し、職なし、金なし、彼氏なしの状態で昔の上司であった黒沢歩に出会う。

当時、何度も激怒されていたため黒沢に苦手意識を持っていたが、脱サラして営業してる黒沢の喫茶店『ひまわり』住み込みのアルバイトをはじめ、不思議な共同生活がはじまる。

演 - 深田恭子

第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを獲得し、翌年は人気枠のドラマ『FiVE』にレギュラー出演という形でデビューを果たす。

さらに翌年の1998年、ドラマ『神様、もう少しだけ』のヒロインに抜擢され、ドラマの大ヒットに大きく貢献すると共に、一躍脚光を浴びることとなる。

以降は主役やヒロインは当たり前のような大女優として多くの作品に出演するようになる。また2000年以降は天然、ぶりっ子、不思議ちゃんといった系統の役がハマり、このキャラクターでの出演が多くなる。

活躍は近年も続いており、ときに多くの賞を受賞する会心の演技をみせる。

深田恭子が最近出演したドラマ
下克上受験
下克上受験

桜井香夏子

黒沢歩(くろさわあゆむ)

35歳。ミチコの元上司。有能な営業マンでミチコを厳しく鍛えていた。会社の倒産を機に脱サラし、喫茶店『ひまわり』のマスターとなる。

元ヤンで喧嘩が強く口が悪いが、面倒見がよく、お金に困っているミチコに住み込みのアルバイトをさせる。亡くなった兄の妻だった春子に好意を持っている。

演 - ディーン・フジオカ

香港の逆輸入俳優。日本では2014年にドラマ初出演を果たし、翌年には連続テレビ小説『あさが来た』でブレイク。次の作品にあたる『ダメな私に恋してください』では主演の『深田恭子』の相手役に抜擢されるなど、一気に駆け上がった。

ルックスを武器にした紳士的な役柄で高い評価を受けている。

ディーン・フジオカが最近出演したドラマ

最上大地(もがみだいち)

26歳。ミチコの新しい就職先の同僚。無給で残業するミチコの人の良さに惹かれ好意を持ち始める。

演 - 三浦翔平

2007年にオーディションをきっかけに本格的にデビューする。端役を中心に出演を重ね、着実に人気を伸ばしていた。2011年には映画『THE LAST MESSAGE 海猿』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したことでさらに人気の高まりを加速させた。

近年は民放ゴールデンの人気枠で脇役を中心に活躍しており、2017年のドラマでは『奪い愛、冬』で準主役に選ばれている。
恋愛が関わる役に多く選ばれているが、最後はふられるような展開が多い。

三浦翔平が最近出演したドラマ
奪い愛、冬
奪い愛、冬

奥川康太

黒沢春子(くろさわはるこ)

35歳。すでに他界している黒沢の兄の元妻。現在も歩と交流があり、ひまわりにしばしば訪れる。

演 - ミムラ

2003年の月9ドラマ『ビギナー』で女優デビューを果たす。この作品ではヒロインを公募オーディションで選考しており、1万人以上の応募者からオーディションを勝ち抜いたため主演としてのデビューとなった。

一躍注目を浴び、以降の作品でも主演やヒロインとして活躍を続けた。近年は助演としての出演を中心に活躍を続けている。

ミムラが最近出演したドラマ
犯罪症候群
犯罪症候群

磯村咲子

生嶋晶(いくしまあきら)

35歳。黒沢の元恋人。気の強い姉御肌でミチコと真逆の性格であるためか、ミチコからたびたび人生相談を受ける。

演 - 野波麻帆

高校生の頃に東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得し、堀越高等学校に転校する。早々に女優としてデビューし、自身の2作目にあたる1998年の映画『愛を乞うひと』では多くの賞を受賞するなど評価を受けた。

以降もドラマや映画の脇役を中心に、また主演としても数本出演しており、役の幅も広く、近年に至るまで活躍を続けている。

野波麻帆が最近出演したドラマ

鯉田和夫(こいだかずお)

黒沢の祖母が営業していた頃から、ひまわりの常連。黒沢が引き継ぎリニューアルした後も通っている。

演 - 小野武彦

60年代から活躍している俳優。70年代からは映像作品にも出演しており、助演として活躍を続けている。主人公の父親の役や、『踊る大捜査線』での活躍からか刑事ドラマの出演が多い。

照井学(てるいまなぶ)

あだ名はテリー。黒沢の高校時代の後輩で慕い続けており、ひまわりをてつだっている。

玉井剛(たまいごう)

あだ名はタマ。黒沢の高校時代の後輩で慕い続けており、ひまわりをてつだっている。

星武(ほしたけし)

あだ名はポチ。黒沢の高校時代の後輩で慕い続けており、ひまわりをてつだっている。

森努(もりつとむ)

ミチコの新しい就職先の販売本部長。面接に来たミチコの面接担当者でもあり、根性に一目置き、就職を後押しした。

演 - 小松和重

1992年に自ら劇団を立ち上げる。2000年頃から徐々に映像作品にも出演し始める。端役が中心ではあるが、メジャーな枠でインパクトのある演技を長年続けてきているため、顔は広く知られている。

小松和重が最近出演したドラマ

門真由紀(かどまゆき)

23歳。ミチコの再就職先の同僚。残業手当がないため、終業時間には仕事を切り上げているが、仕事は速い。

演 - 佐野ひなこ

ホリプロスカウトキャラバンをきっかけに、芸能界入りを果たす。グラビアアイドルとしてデビューし、翌年の2014年からは女優としてもデビューする。

グラビアアイドルとしての人気も高く、民放ゴールデンなどのメジャーな枠を中心に起用されている。

中島美咲(なかじまみさき)

25歳。ミチコの再就職先の同僚。仕事はできないが、甘え上手で男性人気も高く、仕事を人にお願いして切り抜ける世渡り上手。

演 - 内藤理沙

2007年に女優デビューを果たしている。端役ではあるが民放のゴールデンといった人気枠に出演を続けている。

内藤理沙が最近出演したドラマ
女囚セブン
女囚セブン

立原桐子

スポンサーリンク

^