下克上受験 キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルTBS
放送期間2017/01/13 ~ 2017/03/17
放送時間金 22:00 ~ 22:54

2017年1月13日スタートのTBS系金曜日22時の枠は、金曜ドラマ『下剋上受験』

本作は中卒の父親「桜井信一」が偏差値41の娘を最難関中学に入学させようと、自ら勉強し、自ら勉強を教え、二人三脚で受験に臨む、親子の愛と奮闘を描いたヒューマンストーリーであり、ホームドラマ。

本作は同名のタイトルの書籍『下剋上受験』を原作としたドラマであり、このドラマの主人公でもある『桜井信一』がこの原作の著者である。すなわち、この物語は実話を元に描いたノンフィクションに近い作品となる。

キャストに関しては中卒の父親役である主演に『阿部サダヲ』が選ばれており、定評のあるシリアスとコミカルを組み合わせた演技に期待。同じく中卒の母親役であるヒロインには『深田恭子』が選ばれており、得意としているおバカな演技も見もの。

娘役には『山田美紅羽』がオーディションを勝ち抜き大抜擢されている。本作は中学受験が舞台ということもあり子役のキャストにも期待が高まる。

他にも『小林薫』といった大御所から『要潤』『風間俊介』といったベテランが脇を固めており、申し分のないキャスティングとなる。

スタッフ陣も近年『仰げば尊し』などを手がけた『福田亮介』が演出を担当し、最近では『深田恭子』が主役を演じた『ダメな私に恋してください』でタッグを組んだ経験もあるなど、相性の良いチームとなっている。

下克上受験の相関図

下克上受験 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

下克上受験のキャスト・スタッフ

俳優
桜井信一阿部サダヲ
桜井香夏子深田恭子
桜井佳織山田美紅羽
徳川直康要潤
徳川麻里亜篠川桃音
芳江山野海
長谷川手塚とおる
楢崎哲也風間俊介
桜井一夫小林薫
小山みどり小芝風花
松尾若旦那
竹井皆川猿時
梅本岡田浩暉
杉山川村陽介
山之内賢太野間口徹
大森健太郎藤村真優
安西神保悟志
安西恭子山下容莉枝
樋口津田寛治
大河原岡山天音
中津川晴美黒坂真美
朝比奈佐野史郎
担当スタッフ
プロデューサー渡辺良介
八木亜未
演出福田亮介
脚本両沢和幸

スポンサーリンク

桜井信一(さくらいしんいち)

40歳。佳織の父。中卒の元ヤン。不動産屋であるスマイベスト不動産勤務。学歴はないがユーモアがあり家族想いの人気者。

娘は中卒にさせまいと、偏差値72の最難関中学である桜葉学園受験を目指す。また、無学の自分自ら教えようと自分自身も猛勉強を始める。

この役を演じる『阿部サダヲ』は一切笑わないシリアスな役から、ひたすら明るい元気な役など幅広く演じることができるため、今回の役はシリアスなシーンでもコミカルなシーンでも持ち味が活かされるだろう。

演 - 阿部サダヲ

幼い頃から周りに勧められていたこともあり、職を転々としていたころに一度役者に挑戦してみようと大人計画のオーディションに応募した。

入団半年で、病気で降板した『温水洋一』に代わって『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』でドラマデビューを果たす。当時から演技力が卓越しており劇団内では子役上がりと噂されていたほど。

おチャラけた役から、一切笑わない厳格な役まで幅広く演じることができる演技派の名俳優。

阿部サダヲが最近出演したドラマ

桜井香夏子(さくらいかなこ)

33歳。佳織の母。中卒の元ギャル。韓流ドラマにハマっている。家族想いの母で、みんなが仲良く笑って暮らせれば良いと思っており、受験は大反対。

携帯ショップで営業をしていた信一に使い方を相談していた時に信一に目をつけられ、ストーカーまがいの方法でアプローチされ結婚に至る。

この役には天然、おバカ、ダメ女といった役で近年活躍している『深田恭子』が選ばれている。中卒で抜けているが、可愛らしく夫を支える役としてこれ以上ない人選と言える。

演 - 深田恭子

第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを獲得し、翌年は人気枠のドラマ『FiVE』にレギュラー出演という形でデビューを果たす。

さらに翌年の1998年、ドラマ『神様、もう少しだけ』のヒロインに抜擢され、ドラマの大ヒットに大きく貢献すると共に、一躍脚光を浴びることとなる。

以降は主役やヒロインは当たり前のような大女優として多くの作品に出演するようになる。また2000年以降は天然、ぶりっ子、不思議ちゃんといった系統の役がハマり、このキャラクターでの出演が多くなる。

活躍は近年も続いており、ときに多くの賞を受賞する会心の演技をみせる。

深田恭子が最近出演したドラマ

桜井佳織(さくらいかおり)

10歳。信一と香夏子の明るく元気な一人娘。模試の結果が偏差値41。入塾試験でも一番下のクラスと言われる。徐々に自分の立ち位置に気づき始め中卒になってしまうのかと不安がよぎりはじめる。

学歴コンプレックスをもち、自分が中卒で終わることを心配していた信一の熱い説得により、偏差値72の最難関中学である桜葉学園受験を父娘と二人三脚で目指すことになる。

激戦のオーディションを勝ち抜いて、この役についた『山田美紅羽』は、まだ目立った実績がなかったため、今回の役は大抜擢となる。

演 - 山田美紅羽

2014年デビューの子役。ゲストや端役での出演が中心。

徳川直康(とくがわなおやす)

40歳。麻里亜の父。東大卒のエリート。信一とは小学生の頃の同級生。大手ゼネコンの社長。家庭をかえりみない仕事人間で娘との関係がうまくいってない。

演 - 要潤

陸上競技に挫折し、俳優を志すようになる。上京しアルバイトをしながらオーディションを受け続けていたところ、現事務所からスカウトを受け芸能界入りする。

2001年『仮面ライダーアギト』でデビューを果たし、翌年には昼ドラ『新・愛の嵐』で主演の相手役を務め、広く顔が知られる存在となる。

その後、名脇役として近年に至るまで活躍は続き、冷徹な悪役から、ひょうきんな役まで幅広い役に選ばれている。

要潤が最近出演したドラマ
犯罪症候群
犯罪症候群

後藤拓巳

徳川麻里亜(とくがわまりあ)

10歳。佳織の小学校への転校生。一見優等生に見えるが、父親への反発が強く一匹狼な側面がある。中学受験に向けて勉強をしており、佳織のライバル的な存在。

演 - 篠川桃音

2006年に2歳にしてデビューした子役。端役での出演を続けており、10歳になる頃には30本を超えるドラマや映画に出演している。

芳江(よしえ)

徳川家の家政婦。直康の命令に忠実で麻里亜からは煙たがれている。

演 - 山野海

4歳から舞台を中心に活動を始める。そして、2009年のドラマ『救命病棟24時』で顔が広く知られるようになる。当時40歳を超えていた。

近年も民放ゴールデンなどメジャーな枠へ年間数本のペースで出演を続けている。

山野海が最近出演したドラマ

長谷川(はせがわ)

スマイベスト不動産の部長。信一の上司。部下が失敗した時にネチネチと説教をする。

嫌味な上司役では経験値も評価も高い『手塚とおる』がこの役に選ばれており、嫌味を表現する細かテクニックに注目である。

演 - 手塚とおる

1983年より舞台を中心に活躍している。90年代中頃からドラマや映画でも出演し始める。

近年は大ヒット作『半沢直樹』で嫌味な役でインパクト抜群の演技をし、以降も嫌味な上司役といった系統の役を中心に名助演として活躍している。

手塚とおるが最近出演したドラマ

楢崎哲也(ならざきてつや)

33歳。スマイベスト不動産勤務の信一の後輩。中学受験経験者のエリート。信一と組んで営業に当たっているが、仕事を押し付けて受験勉強に夢中になる信一に対して思うところがある。

演 - 風間俊介

オーディションを経て、ジャニーズ事務所に所属する。俳優としても早々にデビューし、1999年に2本目の作品に当たる『3年B組金八先生』で新人賞を受賞し俳優として注目を浴びる。

その後は所属していたユニットが解体されたりと、あまり順調に芸能活動を送れていない時期があったが、2011年のドラマ『それでも、生きてゆく』で、いくつかの助演男優賞を受賞。
さらに翌年、連続テレビ小説『純と愛』で注目を浴び、俳優として返り咲く。

近年はゲスト、端役、脇役などが中心ではあるが、要所に絡んだりと活躍を続けている。

桜井一夫(さくらいかずお)

65歳。信一の父。香夏子と佳織と仲が良い。徳川直康とある確執がある。

性格に難があり、入院中の病院ではセクハラ行為をしたり、ロビーのトイレを壊そうとしたりする。手に職をつけて生きてきたため、受験勉強には否定的。

演 - 小林薫

俳優としてのキャリアは『唐十郎』が主宰する状況劇場の舞台演技から始まる。本格的に映像作品への出演にシフトする際に同舞台は退団しているが、あまりの実力に『唐十郎』は包丁を持ち出し退団を止めようとしたというエピソードがある。

比較的厳しい性格の役に定評があるものの、基本的な演技力と出演経験から多くの系統の役で活躍している。

小林薫が最近出演したドラマ

小山みどり(こやまみどり)

24歳。佳織の小学校の担任。自信が親の教育により中学受験を経験しているが、小学生は人間形成が第一と中学受験には否定的。教師としては熱血教師と呼べるほどまじめに取り組んでおり、熱すぎて生徒から若干バカにされているところもある。

演 - 小芝風花

「イオン&オスカープロモーション ガールズオーディション2011」でグランプリを獲得し、翌年にはドラマ『息もできない夏』で女優デビューを果たす。

ドラマでは端役が中心だが、映画を中心に着実に人気が高まっている。

松尾(まつお)

40歳。信一の中卒仲間。居酒屋「ちゅうぼう」店主。

演 - 若旦那

湘南乃風のメンバー。2017年放送のドラマ『下剋上受験』で本格的に俳優デビューを果たす。

竹井(たけい)

40歳。信一の中卒仲間。理髪室「バーバー竹井」の二代目。ルックンロールをこよなく愛する。

演 - 皆川猿時

2000年代の初期は舞台を中心に活躍しており、近年はゲスト、端役、脇役でのドラマや映画の出演が中心。

出演作が多く役の幅が広い。また大柄な体格が手伝って、登場すると人一倍インパクトを残している。

皆川猿時が最近出演したドラマ

梅本(うめもと)

40歳。信一の中卒仲間。酒屋店主だが下戸。

演 - 岡田浩暉

1991年「To Be Continued」のボーカルとしてデビューを果たし、俳優としては1994年のドラマ『もしも願いが叶うなら』でデビューする。同作品では挿入歌も担当し、50万枚の売り上げを記録している。

近年は要所でのゲスト出演が多く、また出演作品も多い。

杉山(すぎやま)

38歳。信一の中学校の後輩。中学卒業と同時に信一の父である一夫に弟子入りした。

演 - 川村陽介

2000年に21世紀ムービースターオーディション審査員特別賞を受賞し、同年映画『死者の学園祭』でデビュー。近年はゲストや端役で出演している。

山之内賢太(やまのうちけんた)

佳織の地元の塾の受付。成績の良し悪しで露骨に態度を変えており、佳織の入塾テストの結果をみて見下した態度をとる。

演 - 野間口徹

在学中である1994年から演劇活動を始め、名助演として近年にいたるまで多数の作品で活躍している。意地の悪い雰囲気の役に選ばれることが多い。

野間口徹が最近出演したドラマ

大森健太郎(おおもりけんたろう)

佳織や麻里亜のクラスメイト。クラスメイトからはチビと言われている。佳織に対して悪口を言うなどちょっかいを出しているが、優しい一面もある。

演 - 藤村真優

劇団ひまわりに所属し、数本の作品に出演している子役。

安西(あんざい)

信一と楢崎の客。夫婦ともに高学歴。

演 - 神保悟志

1990年にデビューし、数多くの作品に出演し続ける。近年も変わらず名助演として活躍している。とりわけ『相棒』シリーズを始め刑事ドラマでの活躍が目立つ。

神保悟志が最近出演したドラマ
嘘の戦争
嘘の戦争

六車了司

安西恭子(あんざいきょうこ)

安西の妻。高学歴で楢崎とは気があうが、中卒の信一とは気が合わず担当替えを望んでいる。

演 - 山下容莉枝

80年代から劇団で活動を始めており、90年ごろからは映像作品にも出演し始める。近年は民放ゴールデンなどのメジャーな枠でゲストとして出演を続けている。

樋口(ひぐち)

塾のカリスマ講師。派手な服装が特徴。成績の悪い子をバカにしている節があり、佳織が難しい問題に挑戦しても解かせようとしなかった。

演 - 津田寛治

幼い頃から映画俳優を目指しており、アルバイトをしながら劇団員として活動していた。アルバイト先の喫茶店に偶然訪れた『北野武』に自分を売り込んだのをきっかけに同監督作品『ソナチネ』で映画デビューを果たしている。

その後も着実に出番を増やし、近年は自ら監督・脚本を担当した短編映画が評価されたり、ドラマ『食の軍師』で連ドラ初主演に選ばれるなど活躍が続いている。

津田寛治が最近出演したドラマ
ひよっこ
ひよっこ

田神学

大河原(おおがわら)

麻里亜の家庭教師。麻里亜に嫌われており、家庭教師を替えられそうになっている。

演 - 岡山天音

2009年デビューの若手俳優。近年は端役がゲスト出演が中心ながら、メジャーな枠の作品を含め年間10本近い作品に出演し、徐々に頭角を現しはじめている。

岡山天音が最近出演したドラマ
貴族探偵
貴族探偵

常見慎吾

中津川晴美(なかつがわはるみ)

スマイベスト不動産に入社した香夏子が初めて担当した客。母親でありながら仕事をしている香夏子のことを信頼し契約を決めた。

演 - 黒坂真美

1997年デビューの女優。近年は刑事ドラマを中心に出演している。

朝比奈(あさひな)

信一や徳川が通う朝比奈こころのクリニックの院長。いつも変なテンションで患者に接している。

演 - 佐野史郎

1975年から舞台を中心に俳優活動を始め、徐々に映像作品にも出演する。1992年放送のドラマ「ずっとあなたが好きだった」での怪演で爆発的な人気を得ており、いまだに当時の役名である「冬彦さん」と呼ぶ人も少なくない。

近年も年間10本以上の作品に出演し続けており、どんな役でも幅広く演じている。中でも一番のハマり役は視聴者を震え上がらせる狂気を宿した役。

佐野史郎が最近出演したドラマ

スポンサーリンク

^