嘘の戦争 キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/01/10 ~ 2017/03/14
放送時間火 21:00 ~ 21:54

2017年1月10日スタートのフジテレビ系火曜日21時の枠は『嘘の戦争』

物語は9歳の頃に無理心中に見せかけた殺人事件に巻き込まれ家族を失った少年が、天才的な詐欺師として成長し、仲間も加わり復讐を果たそうとする。

嘘をつく能力一つで、真相を暴きながら一歩ずつ黒幕に近づいていく、今までにない斬新なストーリー。また、原作のないオリジナルストーリーとなっている。

キャストについてはSMAPとして高い人気を持ちながらも演技力に定評がある『草彅剛』が主演に選ばれ、他にもメインキャストに『藤木直人』『水原希子』といった俳優が選ばれている。

他にも『大杉漣』『市村正親』といった大御所から『安田顕』といった演技派のベテランも出演し脇を固めており、豪華なキャストが揃っている。

今回は以前『草彅剛』が主演していた『銭の戦争』に続く復讐シリーズ第二弾として制作が決まっているため、制作チームはほとんどが『銭の戦争』のスタッフで構成されており、チームワークは抜群といえる。

嘘の戦争の相関図

嘘の戦争 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1

スポンサーリンク

嘘の戦争のキャスト・スタッフ

俳優
一ノ瀬浩一草彅剛
二科隆藤木直人
十倉ハルカ水原希子
八尋カズキ菊池風磨
百田ユウジマギー
二科興三市村正親
二科晃安田顕
二科楓山本美月
七尾伸二姜暢雄
四谷果歩野村麻純
三瓶守大杉漣
千葉陽一小松利昌
六車了司神保悟志
五十嵐久司甲本雅裕
六反田健次飯田基祐
三輪郁夫六平直政
三輪聡子宮地雅子
四条綾子ジュディ・オング
四条司森岡豊
九島亨平岳大
五十川芙美真飛聖
七沢由美子国仲涼子
八巻庸平浜田学
担当スタッフ
プロデューサー河西秀幸
三宅喜重
演出宝来忠昭
三宅喜重
脚本後藤法子
音楽林ゆうき
橘麻美

スポンサーリンク

一ノ瀬浩一(いちのせこういち)

本名は千葉陽一(ちばよういち)。幼少期に一家心中に見せかけられた殺人事件に巻き込まれ家族を失う。

目撃証言は誰からも相手にされず嘘をついていると後ろ指を指されることになり、さらに親戚の家を顔色を伺いながら転々と渡り歩く中で本物の虚言癖が身につき、詐欺師となる。

タイを拠点に詐欺行為を働いていたところ、かつての殺人事件の実行犯をみつけ、眠っていた怒りが呼び覚まされる。早々に帰国し、復讐を果たそうと動き出す。

演 - 草彅剛

中学1年でジャニーズ事務所に入所し、翌年にはSMAPのメンバーに選ばれている言わずと知れた日本のスター。

俳優としても、スター人気というよりは演技力を高く評価されており、1997年のドラマ『いいひと。』で第13回 ドラマアカデミー賞主演男優賞の受賞を皮切りに現在に至るまで数々の賞を受賞し続けている。

草彅剛が最近出演したドラマ
銭の戦争
銭の戦争

白石富生

二科隆(にしなたかし)

ニシナコーポレーション社長。会長の最初の妻の息子。兄の晃を介して、浩一と出会う。初対面の浩一に対して経歴詐称疑惑を言いだしたりと、非常に用心深く、ハッキリした物言いが特徴の敏腕経営者。

演 - 藤木直人

大学生時代にファッション雑誌のモデルに自薦応募し、最終審査で落選したものの、芸能事務所の目に止まり、在学中に映画『花より男子』で俳優デビューを果たす。

その後は着実に人気を高め大河ドラマ、連ドラと次々と出演が決まり『ナースのお仕事3』『ラブ・レボリューション』などで注目を集め、また第26回エランドール賞新人賞を受賞するなどブレイクを果たす。

様々な系統の役で人気を集めてきたが、ブレイク後は笑わない厳しい性格の役に選ばれることが多く、この系統の役でとりわけ評価が高い。

藤木直人が最近出演したドラマ
母になる
母になる

柏崎陽一

十倉ハルカ(とくらはるか)

浩一の相棒。父も母も詐欺に被害にあっており、詐欺に対してひとかたならぬ思いを持っている。そんな時に浩一に詐欺のカモにされ、騙される人生から抜け出して騙す側になりたいと浩一に弟子入りする。

そして、浩一がタイで詐欺行為を働いていた際の右腕のような存在になる。帰国した浩一に呼び出され、日本でも浩一の復讐の手伝いを続ける。

演 - 水原希子

自薦により、中学生の頃からファッション誌の専属モデルとして活躍。2010年に女優デビューを果たしており、その後も端役、脇役と徐々に重要な役に選ばれるようになる。出演頻度も着実に高まっている。

演技に関しては本業がモデルであったこともあり、評判はあまりよくなかったが、少しずつ違和感のある演技も減っており、キレイどころの役で十分やっていける力をつけつつある。

八尋カズキ(やひろかずき)

百田の甥。人を騙すのが好きという理由で詐欺師を志願する。パソコンに強く、相手のPCのデータを覗くくらいは朝飯前。浩一の詐欺行為を手伝いながら、浩一の手法を学ぶ。

演 - 菊池風磨

Sexy Zoneのメンバー。打ち込めるものが欲しいという動機で自らジャニーズ事務所へ応募したのがきっかけ。

およそ年に一度のペースでドラマへ出演するなど俳優としても活動している。演技力に関しては役を選びはするが、元々の人気も手伝って役者として十分に活躍しているといえる。

百田ユウジ(ももたゆうじ)

浩一の詐欺の師匠。「バー800」を経営していて詐欺師のたまり場となっている。

演 - マギー

大学在学中から、騒動舎、ジョビジョバと舞台を中心に活躍しており、バラエティタレントや脚本家としての顔も持っている異色の経歴を持った俳優。

端役、脇役、ゲスト出演が中心ではあるが90年代から映像作品にも出演している。2015年あたりから人気枠のドラマへの出演が目立っており、卓越した演技力でオカマや嫌味な上司などクセのある役でインパクト抜群の演技を披露している。

マギーが最近出演したドラマ

二科興三(にしなこうぞう)

一ノ瀬浩一の家族を殺害した連中の黒幕。ニシナコーポレーション会長。

演 - 市村正親

1973年、劇団四季に入団しデビュー。80年代には看板俳優になるまで上り詰め、1990年に同劇団を退団。退団後も舞台を中心に活躍を続け近年に至るまで多くの賞を受賞する演技派俳優。

2000年前後には映画やドラマなどの映像作品への出演も増える。当時から近年に至るまで大河ドラマ、連続テレビ小説、民放のゴールデンなど多くの人気枠で名助演として活躍している。

市村正親が最近出演したドラマ
べっぴんさん
べっぴんさん

麻田茂男

二科晃(にしなあきら)

二科カテーテル社長。会長の最初の妻の息子。仕事ができない名ばかりの役員で、弟の隆に左遷されている形。

現在の自分のポジションに不遇を感じていた頃に、罠を張った浩一が近づき良好な関係を築く。

滅多に言えない秘密の過去を抱えている。

演 - 安田顕

大学生の頃から『大泉洋』も所属していた演劇研究会で活動しており、この研究会のメンバーで演劇ユニットTEAM-NACSを結成し、北海道を拠点に活動を続けていた。

その後『大泉洋』がレギュラー出演していた「水曜どうでしょう」が全国的に人気が広まりTEAM-NACSも注目を集めるようになったことがきっかけで、東京での仕事が増える。

どんな系統の役もインパクト抜群で演じる演技力を持っており、オカマの役や嫌味な上司の役など、クセのある役で存在感を発揮する。

安田顕が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

渡辺久志

二科楓(にしなかえで)

仁科会長の長女。慶明医科大学病院の救急救命医。二人の兄とは母が違う。父や隆の強引なやり方に嫌気がさして家を飛び出している。偶然を装った浩一が近づいてきて、徐々に好意を持つようになる。

演 - 山本美月

高校生の頃に第1回東京スーパーモデルコンテストに出場し、グランプリを勝ち取り専属モデルとしてデビューする。

その後、2011年に女優業を開始し、当初はゲスト出演や端役が中心だったが、地に足をつけながら着実にステップアップしている。

七尾伸二(ななおしんじ)

ニシナコーポレーション会長秘書。浩一の一家殺害事件の真相を把握している。

演 - 姜暢雄

在日韓国人で日本へ帰化している。高校卒業後、父親が経営する会社を継ぐつもりだったが、姉がコンテストに応募してグランプリを受賞。多数のスカウトを受けることにつながり、進路を変更した。

当時は連ドラの脇役に抜擢されるなど活躍していたが、2012年頃からゲスト出演が中心となる。

四谷果歩(よつやかほ)

ニシナコーポレーション社長秘書。

演 - 野村麻純

2011年デビューの若手女優。端役を中心に出演を重ね、近年は連続テレビ小説やゴールデンの人気枠へ出演している。

三瓶守(さんぺいまもる)

浩一の父の友人。かつては医師だったが、児童擁護施設「宮森わかばの家」を経営しており、浩一をそこで育てた。事件後の浩一にとって唯一の頼れる存在。

演 - 大杉漣

「300の顔を持つ男」「カメレオン」等の異名をもつ名俳優。
大学を中退して演劇に通っていた頃『太田省吾』の記事に感銘を受け『太田省吾』の劇団の研修生として俳優活動を開始する。

劇団で数年経験を積んだ後はピンク映画に積極的に出演し、ZOOM-UP映画祭ピンクリボン賞主演男優賞を受賞する。

その後、ピンク映画の出演は控え、演劇に専念するも所属の転形劇場が解散し37歳で活動基盤を失う...

大杉漣が最近出演したドラマ
銭の戦争
銭の戦争

紺野洋

千葉陽一(ちばよういち)

本名不明。本物の千葉陽一が一ノ瀬浩一を名乗っており、身代わりで千葉陽一のふりをしている。

演 - 小松利昌

2006年に俳優デビューし、メジャーなドラマ枠を中心に端役での出演を続けている。

小松利昌が最近出演したドラマ
犯罪症候群
犯罪症候群

馬橋康雄

六車了司(むぐるまりょうじ)

二科興三直下の手下。元警察官で射撃の名手。裏社会ともつながりがあり、監視、暗殺などの危険な仕事を担う。

演 - 神保悟志

1990年にデビューし、数多くの作品に出演し続ける。近年も変わらず名助演として活躍している。とりわけ『相棒』シリーズを始め刑事ドラマでの活躍が目立つ。

神保悟志が最近出演したドラマ

五十嵐久司(いがらしひさし)

慶明医科大学病院の第二外科准教授。一ノ瀬浩一の家族を殺害した実行犯の一人。腕に特徴的な痣があり、その痣を覚えていた浩一と偶然出会い、マークされる。

脱税や児童買春などの弱みを浩一に握られ社会的にも精神的にも追い詰められたところ、さらなる罠に嵌められ浩一が二科家に近づくための足がかりにされてしまう。

演 - 甲本雅裕

1989年に東京サンシャインボーイズに入り、舞台を中心に活躍する。90年代の中頃からは映画への出演が増え、2000年頃からはドラマへの出演が増える。

『踊る大捜査線』シリーズを始め、近年に至るまで多くのヒット作で名脇役として活躍している。

甲本雅裕が最近出演したドラマ
犯罪症候群
犯罪症候群

田村公平

六反田健次(ろくたんだけんじ)

仁科家の顧問弁護士。30年前に一ノ瀬浩一の家に新聞配達をしており、事件に関して嘘の証言をしている。現在は自らの弁護士事務所を持ち、裕福な暮らしをしている。

一ノ瀬と出会ってしまったためターゲットにされる。

演 - 飯田基祐

90年代半ばから映像作品に出演し始めた俳優。ゲストや脇役を中心に活躍しており出演作品は多数。

近年も活躍は続いており人気枠のドラマを中心に、年間20本前後の作品に出演している。比較的悪役に選ばれることが多い。

飯田基祐が最近出演したドラマ

三輪郁夫(みわいくお)

59歳。藤波署の警部補。正義感が強く市民からも信頼されている警察官。30年前にある事情から仁科家の事件に手を貸しており、一ノ瀬に嘘の証言をさせている。

演 - 六平直政

1976年デビューのベテラン個性派俳優。強面のルックスが特徴でヤクザ役・刑事役・三枚目役と様々な役柄をこなしている。

当時は舞台が中心であったが、90年代以降はドラマや映画などの映像作品に出演し始める。近年に至っても人気枠を含め年間10本前後の作品に出演しいるため通算の出演数は非常に多い。

また、役どころとしてもゲストや脇役といった比較的重要な役に選ばれている。

六平直政が最近出演したドラマ

三輪聡子(みわさとこ)

三輪郁夫の妻。夫のことを信頼しており、夫が犯した30年前の罪のことは知らない。

演 - 宮地雅子

80年代から女優として活動しているベテラン。端役やゲストでの出演が多いが、演技にインパクトがあり評価が高い。メジャーな枠に次々と出演している。

宮地雅子が最近出演したドラマ
真昼の悪魔
真昼の悪魔

梶本喜子

四条綾子(しじょうあやこ)

衆議院議員。元財務副大臣。30年前に息子の司が起こしたOL殺人事件を仁科興三に頼み、もみ消した。この隠蔽工作の中で浩一の一家が殺害された。

頼りにしていた占い師の弟子を名乗る十倉ハルカが近づき、信用するようになる。

演 - ジュディ・オング

台湾出身の歌手であり、女優。1959年から劇団で女優活動をはじめる。翌年にはテレビドラマに出演し始める。7,80年代に多数の賞を受賞し、名女優として活躍している。

2000年頃からは出演数は徐々に減らしていたが、近年民放ゴールデンの人気枠での出演が続いている。貫禄のある富豪的な役での起用が多い。

ジュディ・オングが最近出演したドラマ
銭の戦争
銭の戦争

青池早和子

四条司(しじょうつかさ)

四条綾子の息子。30年前に起きたOL殺害事件に関わっており、母親が仁科興三に頼み隠蔽工作を働かせた。この隠蔽工作の中で浩一の一家が巻き込まれた。

その後は何度もビジネスに失敗して借金まみれ。現在はうなぎの養殖の出資者を募っており、綾子に心配や迷惑をかけている。

演 - 森岡豊

2004年にデビューし、端役やゲストを中心に活躍している。出演作は刑事ドラマや時代劇が多い。

九島亨(くしまとおる)

49歳。帝都中央銀行本部営業第一部次長。30年前に起きたOL殺害事件の主犯。共犯は四条司。そして、現場の重要な情報を握っている。

父親は銀行の元副頭取で仁科興三に多額の融資をしており、この弱みに付け込んで興三に隠蔽工作をさせた。この隠蔽工作に巻き込まれたのが浩一の一家だった。

演 - 平岳大

2003年にデビューし、出演を重ねている。ゲストや端役が中心ではあるがメジャーな枠のドラマに多く出演し、インパクトのある演技で存在感を発揮している。

五十川芙美(いがらしふみ)

九島亨の愛人。九島の不正の秘密を握っており、自分を捨てることは出来ないと自信を持っている。

演 - 真飛聖

1995年宝塚歌劇団に入団し、2008年に花組トップスター就任する。2011年には退団し、翌年ドラマデビューを果たし、近年もなおゲストや端役を中心に出演を重ねている。

七沢由美子(ななさわゆみこ)

三瓶守の娘。守に復讐を果たそうと一ノ瀬が接触してくる。

演 - 国仲涼子

2000年頃から女優として活動しており、2001年には連続テレビ小説の中でも大ヒットとなり、シリーズ化されている『ちゅらさん』でヒロインに選ばれ、いくつかの新人賞を受賞している。

その後も多くの作品で主演を含む大役に選ばれ続けている。近年は産休明けということもあり、ゲストとして出演している。

国仲涼子が最近出演したドラマ

八巻庸平(やまきようすけ)

七沢由美子の婚約者。

演 - 浜田学

90年代から活動している俳優。端役やゲストでの出演が多いが、大河ドラマでは重要な役に選ばれることが多い。

スポンサーリンク

^