水族館ガール キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルNHK総合
放送期間2016/06/17 ~ 2016/09/02
放送時間金 22:00 ~ 22:49

2016年6月17日スタートのNHK金曜日22:00の枠はドラマ10『水族館ガール』

『木宮条太郎』の同名の小説『水族館ガール』が原作で、水族館のスタッフが水棲生物と人間の間に立ち、いのちと向き合いながら奮闘する職業ドラマでありドキュメンタリーのような自然ドラマ。

物語は大手商社のダメOLである主人公が、はまかぜ水族館に出向辞令が出されるところから始まる。先輩からしごかれ、認められようと懸命に取り組み、その過程で飼育員の仕事に魅力を感じていく。

水族館のスタッフたちは動物への愛情が深く、水族館を軽視する本社に不満を感じていたため、本社から出向してきた嶋に厳しく接する。そんなメンバーが関わり合い仕事を通して人間としてたくましく成長していく。

主演はどんなトリッキーな演技でも完璧にこなす演技派『松岡茉優』が演じる。相手役には、演技力もさることながらauのCMの浦島太郎役で注目を浴びている『桐谷健太』が演じる。

他にも『木下ほうか』『石丸幹二』など脂の乗った名脇役や、俳優界の大御所『伊東四朗』『戸田恵子』と実力派のキャストを集めている。

ネームバリューの強いアイドル系のキャストがおらず、インパクトのある視聴率は狙わず、真に良いドラマを作るという意気込みを感じる。

スタッフ勢も職業系のドラマで経験値の高いメンバーで構成されており、この名俳優たちをどのように料理するのかがみどころ。
スタッフの中でとりわけ注目したいのが音楽を担当している音楽界の重鎮『千住明』で、数々のドラマをヒットさせているヒットメーカー。

挿入歌に関しても『遺産争続』『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』などドラマの魅力を引き上げるのに多大な影響を与えている『いきものがかり』の新曲『夢題~遠くへ~』に決まっている。この音楽チームがどんな仕事をするのか。このあたりにも注目である。

水族館ガールの相関図

現在準備中です。

スポンサーリンク

水族館ガールのキャスト・スタッフ

俳優
嶋由香松岡茉優
梶良平桐谷健太
内海良太郎伊東四朗
倉野久幸石丸幹二
吉崎一子西田尚美
今田修太澤部佑
磯川陸内田朝陽
森下洋司木下ほうか
矢神拓也西村元貴
小柴久美子足立梨花
嶋晴彦山西惇
嶋香子戸田恵子
コウさん木場勝己
沢渡夏子中村アン

スポンサーリンク

嶋由香(しまゆか)

24歳。明るく優しい性格。大手商社四つ星商事勤務3年目。仕事の評価は低い上に、合コンで酔いつぶれてラブホテルに担ぎ込まれる画像が社内に出回るというトラブルを起こす。この事件をきっかけに系列の「はまかぜ水族館」への出向命令が下される。

しかし、本社の人間を目の敵にしている飼育員から歓迎されておらず、特に水族館での直属の上司にあたる梶からは水族館からも追い出されそうになる。なんとか認められようと動物たちとコミュニケーションをとっているうちに少しずつ水族館の仕事に魅力を感じるようになる。

必死に頑張っているうちに水族館でも活躍するようになり、また仕事に誰よりもひたむきな梶に恋心を抱くようになる。

演 - 松岡茉優

妹がスカウトされ、面接に同行した際に自身もスカウトされ、芸能界入りする。「おはスタ」のおはガールとして本格的にデビューしたため、バラエティー慣れしている。

その後は女優に転身し、当初は端役やゲストで出演していたが、瞬く間に才能を開花させる。近年は人気枠の主演やヒロインに抜擢されている。

役の幅は広く、いたって普通の役から無口な引きこもりなど、どんな役でも自分にしかできないユニークな演技で色をつけていて、他の女優が真似できないインパクト抜群の演技を披露している。

松岡茉優が最近出演したドラマ

梶良平(かじりょうへい)

30歳。水族館の海獣課チーフ。学生時代、ダイビング中に大切な人を死なせてしまった過去がある。本社の人間を飼育員の中の誰よりも嫌っており、出向されてきた嶋にC1(イルカ)への餌やりが出来なかったら追い出すと宣言する。

この無理難題に対して、誰もやらせることができなかったC1の得意技C1ジャンプというダイナミックな餌やりをやってのけた由香を少しずつ見直していく。

演 - 桐谷健太

保育園児の時、初めて映画館で『グーニーズ』を観て役者を志す。大学在学中から俳優養成所アクターズクリニックを卒業し、ドラマ『九龍で会いましょう』で俳優デビューを果たす。

デビュー以降着実に人気を高め、映画関連の賞を受賞したり、「au」のCMの浦島太郎役でさらにブレイクを重ねる。このCMのイメージから明るくバカっぽい役が多い印象だが、実際は笑顔をみせない厳しい性格の役に選ばれることが多く、ハマり役にもなっている。

桐谷健太が最近出演したドラマ

内海良太郎(うつみりょうたろう)

69歳。はまかぜ水族館の館長。館長らしさがかけらもなく雑用や迷子の子供の相手をしているのんきな雰囲気。出向してきた由香に対して水族館を変える何かを感じている。

演 - 伊東四朗

高校卒業後、観劇に足しげく通っていて、当時『石井均』が旗揚げしたばかりの劇団「笑う仲間」にも役者から顔を覚えられるほど通っていた。そんな矢先石井から声をかけられ入団する。

劇団が解散するまで活躍を続け、その後はてんぷくトリオという形で舞台やテレビに出演し人気を得ていた。個人としても有名なオリジナルギャグを持つほどの活躍であった。

トリオの仲間を早くに亡くし、翌年の1983年に連続テレビ小説『おしん』での大ヒットをきっかけに俳優業を中心に活動し始める。その後近年に至るまで、知名度の高さと独特の雰囲気をかもしだす演技で幅広い役を演じ続けている。

倉野久幸(くらのひさゆき)

47歳。水族館の総務課長。動物を大切に思う気持ちと本社からの節約命令の板挟みになりながら戦い続けている。由香に対して偏見なく接する数少ない水族館スタッフ。

演 - 石丸幹二

幼少期から多くの楽器に触れながら育っており、音大でサックスを専攻していた。在学中にクラシック歌手の歌に衝撃を受け、再受験をし歌を専攻するようになる。

卒業後は歌を活かして劇団四季に入団し『オペラ座の怪人』でデビュー、以来看板俳優として活躍した。同劇団は2007年に退団しており、映像作品にも出演するようになる。

2013年には21世紀の最高瞬間視聴率を記録したドラマ『半沢直樹』で急...

石丸幹二が最近出演したドラマ

吉崎一子(よしざきいちこ)

42歳。海獣課のペンギン担当。本社の人間を差別する物言いはしているが、なんだかんだ由香の面倒をみている一面もある。

演 - 西田尚美

ファッション誌のモデルとして活躍していて、当時大人気を誇っていた。

1993年にドラマ『オレたちのオーレ!』へ出演し女優デビューをしている。その後、近年に至るまで出演作を積み上げていて、脇役や端役が中心ではありながら広く顔を知られている。

今田修太(いまだしゅうた)

30歳。魚類課のチーフ。魚に関する知識は大学教授に誘われるレベル。魚との会話が大好きだが、人間との会話は苦手なことが仇となり足を引っ張っていた。

しかし、必死に頑張る由香から勇気をもらい少しずつ殻を破っていく。また、由香の親友である小柴久美子に一目惚れし、少しずつ恋愛も勉強していく。

演 - 澤部佑

お笑いコンビ・ハライチのツッコミ担当。俳優としても活動しており、近年はNHK作品などでストーリーに絡む役にも選ばれ始めている。

澤部佑が最近出演したドラマ

磯川陸(いそかわりく)

35歳。専属獣医師兼トレーナー。本社の人間を嫌う水族館の飼育員の中で、数少ない初めから由香に優しく接するスタッフで、水族館のことを教える。

演 - 内田朝陽

21世紀ムービースターオーディションでグランプリを受賞し、同年、映画『死者の学園祭』で俳優デビューし、ゲストや端役を中心に出演を重ねている。

森下洋司(もりしたゆうじ)

48歳。由香の上司。由香の接待の対応で仕事に失敗したことがきっかけで、ずっと厄介払いしたいと思っており、問題が起こるように仕向けたりしていた。

最終的に「はまかぜ水族館」への左遷に成功する。これだけ嫌っていながらも優しくしていたのはヤれるかもしれないという下心から。

演 - 木下ほうか

1980年に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し俳優デビューを果たす。その後吉本新喜劇に入団したが、当時はなかなか芽が出ず、3年で退団している。

1989年に上京し、改めて俳優活動を再開する。Vシネマなどを中心に活動していたが、多くの出演作の中で着々と演技を磨き、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』では意地悪で高慢な夫役を演じ一躍大ブレイクを果たす。

その後は性格に難のある役に選ばれ続け、この系統の役で右に出るものはいない勢いで活躍している。

木下ほうかが最近出演したドラマ

矢神拓也(やがみたくや)

26歳。由香と同じ会社で働く優秀な社員であり元カレ。会社で問題を起こした由香と付き合っていたことが周囲にバレるのを恐れ、誰にも言わないように由香に念を押す。しかし、水族館での由香の働きぶりに少しずつ由香に対する想いが変わっていく。

演 - 西村元貴

端役を中心に出演を重ねている若手俳優。『水族館ガール』では主演の『松岡茉優』の相手役で鼻にかかる元彼役を好演しており、徐々に力をつけている。

西村元貴が最近出演したドラマ

小柴久美子(こしばくみこ)

24歳。由香の高校時代からの親友で合コン仲間。同じ職場で働いている。本社の人間から嫌がらせを受ける由香を庇ったり話を聞いたりとフォローをしている。

演 - 足立梨花

ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを獲得し芸能界入りし、2008年には女優デビューを果たす。映画では主演を中心に、ドラマでは人気枠の端役を中心に活躍している。

基本的には明るい役への出演ばかりではあるが、この系統の役の演技はかなり洗練されている。

足立梨花が最近出演したドラマ

嶋晴彦(しまはるひこ)

48歳。由香の父親。海の生き物が嫌いで由香から水族館に勤めていることを隠されている。

嶋香子(しまよしこ)

48歳。由香の母親。

演 - 戸田恵子

70年代から声優として活動し、女優としては90年代から本格的に活動を開始し、バイプレイヤーとして活躍する。

1997年には映画『ラヂオの時間』では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど多くのヒット作で活躍している。近年も刑事ドラマを中心に活躍を続けている。

戸田恵子が最近出演したドラマ

コウさん(こうさん)

69歳。水族館に通ってデッサンをしている謎の老人。

演 - 木場勝己

1970年頃から俳優活動を始めているベテラン俳優。長年にわたり舞台を中心に活動していたが2000年頃から『3年B組金八先生』で注目を浴びる。

近年は年間2,3本程ではあるが出演を続けており、長い経験から培われた貫禄の演技を続けている。

木場勝己が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

香坂敦史

沢渡夏子(さわたりなつこ)

アメリカで活躍しているイルカセラピスト。梶とは恋仲という噂がある。

演 - 中村アン

大学在学中にモデルのオーディションでグランプリを獲得している。就職も考えていたため、すぐには芸能界入りをしなかったものの翌年には現在の事務所に入所した。

当初はモデルの仕事を中心に活躍し着実に人気を高めていた。近年はモデルでの人気が手伝い、ドラマへの出演が多くなっている。

当初はあまり複雑でない美人枠での出演という印象だったが、演技力が見出され、クセのある多様な役に選ばれるように...

中村アンが最近出演したドラマ
レンタル救世主
レンタル救世主

秦野いろは

スポンサーリンク

^