おんな城主 直虎 キャスト&相関図

最終更新:
チャンネルNHK総合
放送期間2017/01/08 ~
放送時間日 20:00 ~ 20:45

2017年1月8日スタートの大河ドラマは『おんな城主 直虎』

井伊家の当主の一人娘が、戦国の動乱の中で許婚(いいなずけ)を失い、出家し、還俗し、井伊直虎と男名を名乗り生まれ変わり、一国一城のおんな城主となる、壮絶な人生を描いたストーリー。

キャストに関しては主演は言わずと知れた名女優『柴咲コウ』が抜擢された。彼女は大河ドラマ初出演にして主演ということになる。

他にも『三浦春馬』『高橋一生』といったベテランや『杉本哲太』『財前直見』のような円熟の役者が選ばれている。若手では『菜々緒』『菅田将暉』といった急成長中の役者が選ばれていたりと厚いキャスト陣となっている。

スタッフ陣に関しても『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』『仁-JIN-』などのヒット作を手がけた脚本家『森下佳子』や、女性主人公で大ヒットした大河ドラマ『篤姫』を担当したプロデューサー『松川博敬』など適材適所といったスタッフが選ばれている。

おんな城主 直虎の相関図

おんな城主 直虎 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 1おんな城主 直虎 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 2おんな城主 直虎 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 3おんな城主 直虎 <span class="translation_missing" title="translation missing: ja.activerecord.model.drama_diagram">Drama Diagram</span> 4

スポンサーリンク

おんな城主 直虎のキャスト・スタッフ

俳優
井伊直虎柴咲コウ
おとわ新井美羽
井伊直平前田吟
井伊直盛杉本哲太
千賀財前直見
井伊直満宇梶剛士
井伊直親三浦春馬
亀之丞藤本哉汰
しの貫地谷しほり
井伊直政菅田将暉
虎松寺田心
小野政直吹越満
小野政次高橋一生
鶴丸小林颯
小野玄蕃井上芳雄
なつ山口紗弥加
中野直由筧利夫
中野直之矢本悠馬
奥山朝利でんでん
奥山孫一郎平山祐介
奥山六左衛門田中美央
南渓和尚小林薫
傑山市原隼人
昊天小松和重
佐名花總まり
築山殿菜々緒
新野左馬助苅谷俊介
寿桂尼浅丘ルリ子
今川義元春風亭昇太
今川氏真尾上松也
太原雪斎佐野史郎
瀬戸方久ムロツヨシ
高瀬髙橋ひかる
松下常慶和田正人
徳川家康阿部サダヲ
龍雲丸柳楽優弥
担当スタッフ
プロデューサー岡本幸江
松川博敬
演出渡辺一貴
脚本森下佳子
音楽菅野よう子

スポンサーリンク

井伊直虎(いいなおとら)

井伊家当主・井伊直盛の一人娘。幼い頃に今川家から井伊家を存続させるため、出家し次郎法師(じろうほうし)と名乗る。その後は還俗し井伊直虎を名乗る。

『柴咲コウ』は本作で大河ドラマ初出演にして主演を務める。

演 - 柴咲コウ

歌手として活動しながらもドラマに出演すれば主演やヒロインは当たり前の名女優。『GOOD LUCK!!』『ガリレオ』など数々のヒットドラマで受賞暦もあり、その演技力は高く評価されている。

おとわ(おとわ)

直虎の幼少期。井伊家の本領安堵と引き換えに出家を命じられ、次郎法師と名を改める。おてんばで、いつも走り回っている。突拍子もない行動に出ていつも周囲を驚かせている。

本家の一人娘だったため、幼くして分家の嫡男である亀之丞と婚約するが、亀之丞は今川家に命を狙われ、以降消息を絶ってしまった。

演 - 新井美羽

3歳にして芸能界入りし、女優としても2011年(当時5歳)のドラマ『謎解きはディナーのあとで』でデビューしている。

その後も端役が中心ではあったが出演を重ね、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主役の幼少期の役に抜擢される。

井伊直平(いいなおひら)

直虎の曽祖父。今川家と激しく争っていた張本人。今川の軍門にくだっている現状に不満を抱えており、この状況を打破しようと企んでいる熱血漢。

この役を50年以上のキャリアを持つ大ベテラン『前田吟』が演じる。大河ドラマを始め時代劇の経験も多く、強い性格の役との相性も良い。

演 - 前田吟

高校中退後、黒澤明監督の『野良犬』や『七人の侍』を見て感動し役者を志す。デビューまでの間は演劇研究所で実力を磨いており、デビュー早々に主役に抜擢されている。

出演作品は多数で様々な系統の役の演技経験を持つ。

井伊直盛(いいなおもり)

直虎の父。井伊家当主。冷静に判断を下す井伊家の要。

俳優は『杉本哲太』が選ばれており、心優しく真面目な雰囲気の今回の役は彼にとっては得意な系統の役。また、俳優暦が長く、大河ドラマでも経験を多く積んでいるため、これ以上ないキャスティングと言える。

演 - 杉本哲太

地元では有名な不良からロックバンドを結成したのが芸能界デビューのきっかけ。その後、俳優の道へ進むという異色の経歴を持っている。

しかし、早々に演技の才能を開花させ『白蛇抄』では日本アカデミー賞新人賞を受賞している。その後も脇役を中心に多種多様な作品に抜擢されている大ベテラン俳優。

杉本哲太が最近出演したドラマ

千賀(ちか)

直虎の母。今川家家臣の新野左馬助の妹。同盟の証として井伊家に嫁いできた。男子に恵まれなかった負い目を抱えながらも、しっかりと家族を支えるしっかりもの。

今回の役に選ばれている『財前直見』は三度目の大河ドラマ出演。様々な役を演じることができる彼女にとって今回の役へのキャスティングは申し分ないと言える。

演 - 財前直見

デビュー早々にドラマ『六本木天使』で主演を務め、その後も多くの主役、脇役に選ばれ続けている。役の系統もシリアスからコメディーまで幅広く、また高いレベルで演じることができる実力派女優。

所属事務所の研音の中では最古参クラスの女優で、事務所の知名度をここまで引き上げた立役者の一人と言われている。

財前直見が最近出演したドラマ

井伊直満(いいなおみつ)

亀之丞の父。今川家の支配を脱しようと画策したことが今川家にばれてしまい、打ち首となる。

演 - 宇梶剛士

暴走族界隈で伝説的だった人物。少年鑑別所に入所していた経験もあり、その際にチャップリンの伝記を読み、改心し俳優を志す。俳優になる方法がわからず『錦野旦』や『菅原文太』の付き人を続け、『美輪明宏』に見出されることで初舞台デビューを果たす。

その後もツテを次々とたどり、1980年代後半に多数のトレンディドラマの脇役として出演するようになり知名度を高めた。その後は大柄な体格を活かした役を中心に多くの映像作品に出演し続けている。

宇梶剛士が最近出演したドラマ

井伊直親(いいなおちか)

直虎の許嫁。幼い頃に今川家に命を狙われ10年近く身を隠す。しかし、井伊谷に戻る口実が出来たため、帰郷を果たす。武芸に秀で人望の厚い当主にふさわしいと呼ぶ声高い。

その後、改めて直虎を正室にと考えるが、様々な思惑から諦め、しのを正室とする。

演 - 三浦春馬

4歳の頃から演劇を学び、6歳で連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューをしている。その後も活動を続け2006年に『14才の母』で準主役に抜擢され、ブレイクに至る。以降は多くの主演に選ばれ、活躍が続いている。

ルックスを活かした役に選ばれることもあるが、変わり者や変わった境遇のクセのある役で演技力が高く評価されており、数々の賞を受賞している。

亀之丞(かめのじょう)

おとわの幼馴染であり許嫁。父の直満が今川に謀反の疑いで殺害され、自身も命を狙われて亡命を余儀なくされる。

演 - 藤本哉汰

2010年(当時7歳)で俳優デビューする子役。端役が中心ではあるが出演を重ね、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』にてメインキャストの幼少期の役で第1話で登場シーンの多い大役に抜擢される。

しの(しの)

奥山朝利の娘。許嫁だった直虎を置いて、井伊直親の正室となる。直親と直虎が信頼し合っている事に嫉妬心を持っている。

演 - 貫地谷しほり

中学生の頃にスカウトされたことがきっかけで芸能界に入り、伊藤正次演劇研究所(現Ito M スタジオ)で演劇の指導を受ける。デビュー後は着実に人気と実力を伸ばし、2007年には連続テレビ小説『ちりとてちん』でオーディションを通して初主演を勝ち取る。

その後は主役を含む重要な役で度々出演しており、他の女優にはない独特の雰囲気を醸し出し実力に箔が付いてきている。

井伊直政(いいなおまさ)

幼名は虎松(とらまつ)。井伊直親の嫡男。

演 - 菅田将暉

『仮面ライダーW』でドラマ初出演にして初主演を務める。その後、ゲスト出演などを中心に経験を積む。映画『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したのを皮切りに主役を含む重要な役に抜擢され、次々と賞を受賞した。

アウトローな役に選ばれる事が多く、この系統の役での評価は高い。

虎松(とらまつ)

編集中

小野政直(おのまさなお)

鶴丸の父。井伊家筆頭家老。今川寄りの考えを持っているため、今川家の支配からの脱却を考えてる井伊家から孤立している。今川家の使者が出入りしていたりと不穏な動きもみせている。

演 - 吹越満

1984年にWAHAHA本舗に入団。主に舞台を中心に活動しており、1999年に退団。このタイミングで本格的に映像作品へシフトする。

舞台で磨いた演技力や長いキャリアからどんな役にも選ばれるが、とりわけ意地悪で性格の悪い役に定評がある。

吹越満が最近出演したドラマ

小野政次(おのまさつぐ)

幼名は鶴丸(つるまる)。小野政直の嫡男。井伊家筆頭家老。父親が今川寄りの家老で井伊家から浮いており、所々で生きにくい思いをしている。

その父親の画策で井伊家の当主の座を目前とするが、そんな折に井伊直親(亀之丞)が井伊谷に帰郷することとなったため破談となる。

演 - 高橋一生

子役デビューをしているベテラン俳優。脇役を中心に多くの作品に出演しており、シンプルな設定から複雑な設定の役までインパクトの強い演技が評価されている。そのため、作品の隠し味の様な存在となり名脇役俳優と称されている。

高橋一生が最近出演したドラマ
カルテット
カルテット

家森諭高

鶴丸(つるまる)

おとわや亀之丞の幼なじみ。井伊家筆頭家老・小野政直の嫡男。今川寄りの家老である父のせいで井伊家全体からの強い風当たりを受けながら育つ。

演 - 小林颯

2011年にデビューした子役。デビュー初期は端役での出演が続いたが、2015年放映の映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』や2016年から3部作として始まった『精霊の守り人』シリーズでは大役を掴んでいる。

小野玄蕃(おのげんば)

小野政次の弟。

演 - 井上芳雄

2000年に舞台俳優としてデビューを果たし、舞台を中心に活躍し続けた。近年はゲストでの出演が中心ではあるが、ドラマでの出演を増やしている。

なつ(なつ)

しのの妹。直盛の意向で小野政次の弟である玄蕃に嫁ぐ。奥山家と小野家の架け橋になる事に使命感を持っている。夫婦仲は良く、しのとは違い子宝にも恵まれている。

演 - 山口紗弥加

『東京ラブストーリー』に出演していた『鈴木保奈美』に憧れて女優を目指す。1994年には14歳にしてドラマ『若者のすべて』で女優デビューを果たし、出演を重ねる。
しかしながら、思い通りの活躍ができず20歳を超える頃に引退を考えるようになる。

最後のつもりで挑戦した初舞台『オイル』にて、演技の楽しさを再認識し、同舞台で『蜷川幸雄』に誘われ次の舞台の仕事が決まる。この舞台稽古で厳しい言葉で散々罵られ精神面を鍛えられた経験が、後の女優活動に活きることになる。

近年はキャリアウーマンといった知的な役から、色気全開の悪女まで幅広い役で、相手を圧倒するセリフ読みなど、高い演技力をみせており、毎年数本のドラマの大役に選ばれる名脇役女優として活躍を続けている。

山口紗弥加が最近出演したドラマ

中野直由(なかのなおよし)

井伊家の重臣。井伊直平に考え方が近く、今川に支配されている今の状況を打破したいと考えている。

演 - 筧利夫

学生時代から舞台を中心に活躍しており、1992年にドラマ『ホームワーク』で注目を浴び、映像作品への出演も増える。同年、第 7回高崎映画祭最優秀新人賞も受賞している。

また、バラエティーでも活躍できるキャラクターから、演技も他の俳優が真似できないような独特の明るさがあり、替えがきかない実力派俳優といえる。

中野直之(なかのなおゆき)

中野直由の息子。父の亡き後、家督を継ぎ井伊家の家臣となる。超硬派で女子でありながら城主となろうとしている直虎を認めようとしない。

演 - 矢本悠馬

2011年より劇団大人計画の研究生として活動している若手俳優。端役ではあるが、メジャーな人気枠に出演を続けている。

奥山朝利(おくやまともとし)

井伊家の重臣。娘の輿入れを活かして井伊家で発言力を強めている。

演 - でんでん

19歳で『渥美清』に憧れ俳優を目指すが、思うように事が運ばず、サラリーマンになったり、お笑い芸人になったりと不思議な経歴を経て31歳でようやく俳優デビューを果たす。

端役や脇役を中心に俳優活動を続け、2010年の『園子温』監督の映画『冷たい熱帯魚』で第36回報知映画賞受賞を皮切りに、次々と助演男優賞を受賞し芸歴31年目にしてブレイクを果たす。

その後は脇役を中心に出演作品が増え、何かと見かける名脇役の地位を確立する。

でんでんが最近出演したドラマ

奥山孫一郎(おくやままごいちろう)

奥山朝利の息子。桶狭間の戦いに参戦するも、直盛の指示で直盛の首を持ち、今川方に扮して戦場を抜け出した。

演 - 平山祐介

かつてはフランスを拠点にモデルとして活動していた。現地でも映画に出演するなど、俳優としても活躍している。

2003年には活動拠点を日本へ移し、男らしい顔立ちを活かした役に数多く出演している。

平山祐介が最近出演したドラマ

奥山六左衛門(おくやまろくざえもん)

奥山朝利の息子。長兄の孫一郎亡き後、奥山家の当主となる。際立った才覚はないが、憎めない存在。

演 - 田中美央

90年代から舞台を中心に活動しているベテラン俳優。稀に、ドラマや映画にも出演している。

南渓和尚(なんけいおしょう)

直虎の大叔父。菩提寺の住職。出家していながら井伊家の政治にも助言するなど頼られている。次郎法師に物事の味方など多くを教えている。

演 - 小林薫

俳優としてのキャリアは『唐十郎』が主宰する状況劇場の舞台演技から始まる。本格的に映像作品への出演にシフトする際に同舞台は退団しているが、あまりの実力に『唐十郎』は包丁を持ち出し退団を止めようとしたというエピソードがある。

比較的厳しい性格の役に定評があるものの、基本的な演技力と出演経験から多くの系統の役で活躍している。

小林薫が最近出演したドラマ
下克上受験
下克上受験

桜井一夫

傑山(けつざん)

菩提寺の僧。次郎法師の兄弟子。不敵な笑みを浮かべながら、次郎法師を鍛える。

演 - 市原隼人

小学5年生でスカウトをきっかけにCMデビュー、中学生で俳優デビューを果たす。早々に『ヤンキー母校に帰る』の最重要生徒に抜擢され、注目を浴びる。

その後は『WATER BOYS2』や『ROOKIES』など、数々の主役や重要な役に選ばれており、賞も受賞している。

市原隼人が最近出演したドラマ
リバース
リバース

谷原康生

昊天(こうてん)

菩提寺の僧。次郎法師の兄弟子。次郎法師に僧の基本を叩き込む。

演 - 小松和重

1992年に自ら劇団を立ち上げる。2000年頃から徐々に映像作品にも出演し始める。端役が中心ではあるが、メジャーな枠でインパクトのある演技を長年続けてきているため、顔は広く知られている。

小松和重が最近出演したドラマ

佐名(さな)

井伊直平の娘で瀬名の母。井伊家が今川に支配された際に、服属の証として人質にされ、辛い目にあった過去がある。

演 - 花總まり

1991年に宝塚歌劇団に入団し、雪組トップ娘役、宙組トップ娘役などの活躍を経て、2006年に退団した。

2010年に舞台女優として女優活動復帰を果たし、舞台を中心に活躍を続けている。
2016年には舞台での演技が高く評価され、権威ある賞を受賞した。同年、鳴り物入りで大河ドラマ『おんな城主 直虎』にてドラマデビューを果たす。

築山殿(つきやまどの)

幼名は瀬名(せな)。佐名の娘であり、直虎とは遠い親戚。幼少の頃から直虎とは文を交わしている。今川氏真の妻となることを夢見ていたが、ゆくゆくは徳川家康の正室となる。

この役を演じる『菜々緒』は悪女役で安定した活躍をしているが、少しずつ役の幅を広げており、今回は夫の出世を望む強気でしっかり者の妻の役で悪女役で培った演技が一部活かせることができる役柄。

演 - 菜々緒

9頭身という抜群のプロポーションを持ちモデルとして活躍しており、2012年頃に本格的に女優としての活動も開始。女優デビュー後早々にドラマ『主に泣いてます』で主演に抜擢されている。

その後はルックスを活かしたツンとした雰囲気の役や、小悪魔系の役で活躍し、次々と重要な役に抜擢されている。

菜々緒が最近出演したドラマ

新野左馬助(にいのさまのすけ)

千賀の兄。

演 - 苅谷俊介

助監督を経て俳優に転身し、元来の趣味であった考古学とも両立している異色の俳優。2000年頃からは出演作品のほとんどがNHKの時代劇か刑事ドラマである。

寿桂尼(じゅけいに)

今川義元の母。義元、軍師の雪斎とともに今川家の全盛期を築いた立役者。

演 - 浅丘ルリ子

貧しい家庭で生活を送っていた頃『緑はるかに』のオーディションに応募して、見事3000人の応募者の中から、ヒロインを勝ち取った。その後、瞬く間に大スターとなり、昭和の女優の代表格となる。

1990年代に入ってからは出演をかなり減らしているため、滅多にお目にかかれる事がない。そのため、彼女の出演作は必見。

今川義元(いまがわよしもと)

今川家当主。井伊家を支配している戦国大名。

演 - 春風亭昇太

笑点の六代目司会者に就任する実力を持った落語家。俳優としての活動は数年に一度といったところだったが、2014年頃からは大河ドラマを中心に出演が増加する。

春風亭昇太が最近出演したドラマ
小さな巨人
小さな巨人

三笠洋平

今川氏真(いまがわうじざね)

今川義元の嫡男。

演 - 尾上松也

5歳で二代目尾上松也として歌舞伎役者デビューを果たす。映像のデビューは1995年の大河ドラマ『八代将軍吉宗』で当時10歳だった。その後も歌舞伎を中心に活躍しながらも稀に映像作品に出演しており、2015年頃からはドラマ出演がさらに増加する。

太原雪斎(たいげんせっさい)

今川義元の家督相続に尽力した右腕。政治と軍事の両面で義元を支えており、井伊家の支配にも関わっている。

演 - 佐野史郎

1975年から舞台を中心に俳優活動を始め、徐々に映像作品にも出演する。1992年放送のドラマ「ずっとあなたが好きだった」での怪演で爆発的な人気を得ており、いまだに当時の役名である「冬彦さん」と呼ぶ人も少なくない。

近年も年間10本以上の作品に出演し続けており、どんな役でも幅広く演じている。中でも一番のハマり役は視聴者を震え上がらせる狂気を宿した役。

佐野史郎が最近出演したドラマ

瀬戸方久(せとほうきゅう)

井伊谷の山奥で無一文で生活している。家出したおとわに粥と寝床を与えたが、井伊家の姫であることがわかると井伊家に連れ戻し礼として金銭を受け取る。

ゆくゆくは井伊家を揺るがすほどの豪商となる。

演 - ムロツヨシ

『陽だまりの樹』の芝居に感銘を受けたのがきっかけで俳優を志す。単独で舞台活動を数年続け、映画『サマータイムマシン・ブルース』をきっかけに映像作品でのデビューを果たす。

その後は端役を中心に出演を増やし、次第に重要な役に選ばれる様になる。地に足をつけた活動をしてきたため確かな演技力を兼ね備えており、どんな役でもやっていける。それでいて、個性的で自分ならではの演技を知っているのでインパクトもあり名脇役俳優と言っても過言ではない。

ムロツヨシが最近出演したドラマ

高瀬(たかせ)

信濃から来た少女。

松下常慶(まつしたじょうけい)

謎の山伏。

徳川家康(とくがわいえやす)

幼名は竹千代(たけちよ)。今川家の人質として少年時代を過ごす。

演 - 阿部サダヲ

幼い頃から周りに勧められていたこともあり、職を転々としていたころに一度役者に挑戦してみようと大人計画のオーディションに応募した。

入団半年で、病気で降板した『温水洋一』に代わって『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』でドラマデビューを果たす。当時から演技力が卓越しており劇団内では子役上がりと噂されていたほど。

おチャラけた役から、一切笑わない厳格な役まで幅広く演じることができる演技派の名俳優。

阿部サダヲが最近出演したドラマ
下克上受験
下克上受験

桜井信一

龍雲丸(りゅううんまる)

盗賊団のかしら。

演 - 柳楽優弥

「楽しそう」という軽いきっかけで俳優を目指す。しかし、映画『誰も知らない』で監督を務めた『是枝裕和』に目力を高く評価され、初オーディションにして主役に抜擢される。またその作品が第57回カンヌ国際映画祭に出品され当時14歳で史上最年少の男優賞を受賞することになるシンデレラボーイ。

その後はこの受賞のプレッシャーなどから実質休業状態となるが、2013年ごろから本格的に活動を再開しており、個性的な演技で着実に人気、実力を伸ばし続けている。

柳楽優弥が最近出演したドラマ

スポンサーリンク

^