春ドラマ(2017年4月期)一覧

最終更新:

春ドラマ(2017年4月期)の最新情報まとめ。春ドラマの放送曜日、時間、タイトルを一覧で表示。また、それぞれの作品について、あらすじ、キャスト、スタッフの情報を含む概要も紹介している。春ドラマの重要な最新情報や見どころが網羅されたページとなっている。

春ドラマ放送時間表

曜日時間ドラマ
21:00小さな巨人
21:00櫻子さんの足下には死体が埋まっている
22:30フランケンシュタインの恋
21:00貴族探偵
21:00CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
22:00あなたのことはそれほど
22:00母になる
21:00緊急取調室 第2シーズン
22:00人は見た目が100パーセント
23:59恋がヘタでも生きてます
22:00ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~
22:00ブランケットキャッツ
22:00リバース
23:15女囚セブン
11:40犯罪症候群
18:05みをつくし料理帖
20:154号警備
22:00ボク、運命の人です。
月〜土08:00ひよっこ

春ドラマ概要

小さな巨人

小さな巨人
チャンネルTBS
放送期間2017/04/16 ~ 2017/06/18
放送時間日 21:00 ~ 21:54
主演長谷川博己

2017年春(4月期)のTBS系日曜日21時の枠は日曜劇場『小さな巨人』

原作はなく、近年『無痛』などゴールデンの人気枠を手がけている脚本家『丑尾健太郎』『八津弘幸』のオリジナルストーリーとなっている。

物語は様々な目的や思いを持った警察官が登場し、権力が渦巻く警察組織を舞台としている。
そんな中、出世街道をひた走り、ノンキャリアの最高峰のポストである捜査一課長間違えなし、と言われている「香坂真一郎」が主人公。この香坂が、ある日所轄に左遷され、本当の正義を自問自答しながら捜査一課に返り咲こうとするヒューマンストーリーとなっている。

キャストは昨年度の日本アカデミー賞優秀主演男優賞に選出されている『長谷川博己』が主人公の「香坂真一郎」を演じる。そのライバル役に当たる「山田春彦」を、近年多くの映画やドラマで大役を任されている『岡田将生』が演じる。

ヒロインは2016年下期の連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインを演じている『芳根京子』が選ばれている。他にも『香川照之』『安田顕』をはじめ、実力派の名脇役が数多く出演し、演技力を重視してキャスティングされていることが見て取れる。

スタッフに関しても本作の枠にあたる日曜劇場を中心に『半沢直樹』『下町ロケット』といったヒット作を生み出している面々が選ばれている。

近年トップクラスの人気を誇る日曜劇場ならではのキャスト、スタッフが集結したドラマで期待が高まっている。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

櫻子さんの足下には死体が埋まっている
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/23 ~ 2017/06/25
放送時間日 21:00 ~ 21:54
主演観月ありさ

2017年春(4月期)のフジテレビ系日曜日21時の枠は、日曜ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

原作は『太田紫織』の同名のWeb小説『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で、同作は電子書籍大賞ミステリー部門で優秀賞を受賞している。
また、脚本はミステリーを含む多くのジャンルを手がけている『山岡潤平』が手がける。

ストーリーは、骨格標本を組み立てる標本士「九条櫻子」を主人公としており、普段は骨をこよなく愛する変わり者。しかし検視の技術を持っており、事件が起きれば死体から真実をあぶり出し難事件を次々と解いていく。そんな変わった設定の斬新なミステリードラマとなっている。

キャストについては主人公の「九条櫻子」を『観月ありさ』が演じる。観月ありさは26年連続で連続ドラマの主演に選ばれており、作品数にすると本作が30作目という驚異的な数字を持っている大ベテラン。本作の一風新しい設定も高い経験値を活かした演技に期待が高まる。

スタッフに関しては、2007年の映画『キサラギ』では日本アカデミー賞優秀作品賞など、権威のある賞を数多く受賞している実力者であり、90年代の初期から活動している『佐藤祐市』が演出を担当する。また、他にもベテランスタッフが顔を揃っている。

フランケンシュタインの恋

フランケンシュタインの恋
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/04/23 ~ 2017/06/25
放送時間日 22:30 ~ 23:25
主演綾野剛

2017年春(4月期)スタートの日本テレビ系22時30分の枠は、日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』

NHKの社会派ドラマを中心に活躍し評価を受けている脚本家『大森寿美男』が怪物と人間という設定の原作のないオリジナルラブストーリーを描く。

不老不死のフランケンシュタインが主人公。100年もの間、人間と関わらず孤独に生きてきたが、ある日人間の女性と出会ってしまい恋に落ちる。この恋をきっかけに、恋愛感情はもちろん世界の様々なことを知るようになる。

この主人公であるフランケンシュタインという難役を、幅広い役を演じカメレオンなどと称されている『綾野剛』が演じる。他にも近年演技力が評価され続けている『二階堂ふみ』『柳楽優弥』が中心人物の役に選ばれている。
他にも『新井浩文』『光石研』『柄本明』といったベテランの名脇役俳優も脇を固めており、演技力を意識した意図のあるキャスティングとなっている。

スタッフに関してはプロデューサーの『河野英裕』『大倉寛子』や演出の『狩山俊輔』、音楽の『サキタハヂメ』といった『妖怪人間ベム』を手がけたメンバーが大半を占めており、作品の系統としてもチームワークとしてもバランスが良い。

また、主演の『綾野剛』も『妖怪人間ベム』に出演しているため、キャストとしての相性も良い理想的な人選と言える。

貴族探偵

貴族探偵
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/17 ~ 2017/06/26
放送時間月 21:00 ~ 21:54
主演相葉雅紀

2017年春(4月期)のフジテレビ系月曜日21時の枠は本作で30周年となる月9ドラマ『貴族探偵』

『麻耶雄嵩』の同名の推理小説『貴族探偵』『貴族探偵対女探偵』を原作としたドラマ。

ストーリーの概要としては、ミステリードラマでありながら貴族と名乗る正体不明の主人公が一切推理しないという掟破りのドラマ。
推理は執事、メイド、運転手と言った使用人に丸投げしている。当人は現場では遊んでいる様に見えるが、実は深い洞察を持って行動しており貴族らしく華麗に謎を解明に導くという、今までにない斬新なミステリードラマとなっている。

キャストについては、この主人公である「貴族探偵」を『相葉雅紀』が演じる。相葉は2015年の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』で普通の青年ながら、探偵の様な行動で必死に家族を守ろうとする役でドラマを高評価に導いており、前回とは設定が大きく異なるものの探偵の役ということで前回の経験を活かした演技に期待が持てる。

さらには近年、主演やヒロインを中心に活躍する『武井咲』がヒロインにあたる新米探偵「高徳愛香」を演じる。2016年のドラマ『フラジャイル』では、新米の医者役で主演の演技を活かす名演技が注目されており、今回もこれ以上ない人選と言える。

他にも『中山美穂』『仲間由紀恵』と言った、メジャーなドラマ枠で何度も主演に選ばれている大女優や、演技派で名脇役と称されている面々が多数出演しており、30周年にふさわしい力のこもったキャストとなっている。

スタッフ陣に関しても、前述の『相葉雅紀』が主演した『ようこそ、わが家へ』の脚本家、演出家、プロデューサーが再集結した形となり、チームワークを活かしたドラマ制作ができることが予想できる。

近年、月9ドラマは視聴率に伸び悩んでいるところがあったが、本作は起死回生の大ヒットの予感を感じさせられる30周年らしい力のこもったドラマとなっている。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/11 ~ 2017/06/13
放送時間火 21:00 ~ 21:54
主演小栗旬

2017年春(4月期)のフジテレビ系火曜日21時の枠は『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』

本作は『金城一紀』のオリジナル脚本で、警察の特殊チームを題材にした作品となる。金城はこれまでにもマイナー枠のドラマでありながらヒット作となった『SP 警視庁警備部警護課第四係』を始め同ジャンルの作品で高い実績を積んでいる。

キャストについては脚本を担当する金城が『小栗旬』が主演をする前提で5年間構想していたため、これ以上の人選はない。また硬派な演技に定評のある『西島秀俊』が横に並ぶ形となっている。
アクション俳優として一線で活躍する二人が1年以上かけて体作りまでしており、この作品にかける思いは強い。

他には『石田ゆり子』『田中哲司』『野間口徹』のような演技派のベテラン俳優や、人気急上昇中の『新木優子』が脇を固める豪華なキャスト陣が揃っている。

スタッフ陣に関しては『金城一紀』が脚本を担当することは前述の通り。他にもシリアスなドラマで実績を積んでいる『澤野弘之』が音楽を担当し『鈴木浩介』が演出を担当している。
鈴木はカンテレ制作のドラマの経験もあり、実力はもちろんチームワークの高いメンバーが集結している。

あなたのことはそれほど

あなたのことはそれほど
チャンネルTBS
放送期間2017/04/18 ~ 2017/06/20
放送時間火 22:00 ~ 22:54
主演波瑠

2017年春(4月期)のTBS系火曜日22時の枠は、火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』

多数のヒット作を生み出している『いくえみ綾』の同名のコミックス『あなたのことはそれほど』を原作としており、幅広いジャンルで活躍している『吉澤智子』が脚本を手がける。

本作はW不倫というテーマで二組の男女の四者四様の生き様を描いた作品。主人公の「渡辺美都」は中学の頃の恋を忘れないまま、二番目に好きになった「渡辺涼太」と結婚し幸せな生活をおくっていた。

そんな時に登場したのが、かつての恋の相手「有島光軌」で、恋愛に発展する二人はもちろん、それぞれの結婚相手が、不倫の事実を知り如何に行動するのか。
四人の男女の愛のあり方を描いた大人のラブストーリー。

キャストに関しては、主人公の「渡辺美都」を演じるのが、2015年の連続テレビ小説『あさが来た』の主演に抜擢されて以来、次々と主演やヒロインとして活躍している『波瑠』

その他のメインの役に関しては、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど活躍を続けている『東出昌大』をはじめ『仲里依紗』『鈴木伸之』が出演する。

他にも『麻生祐未』といったベテランから『山崎育三郎』の様な人気上昇中の注目の俳優などの出演も決まっている。

スタッフに関しては前述の脚本家『吉澤智子』や、昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などのヒット作を生み出してきた『金子文紀』が演出を担当するなど、実力者が揃っている。

母になる

母になる
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/04/12 ~ 2017/06/14
放送時間水 22:00 ~ 23:00
主演沢尻エリカ

2017年春(4月期)のTBS系水曜日22時の枠は、水曜ドラマ『母になる』

原作のない作品で、女性をテーマにした作品を数多く手がけている『水橋文美江』のオリジナルストーリー。

物語には三人の母親が登場し、それぞれが母として異なる悩みを抱えている。
主役の「柏崎結衣」は誘拐された息子が戻ってきて、空白の9年間を埋めることに悩み、「門倉麻子」は我が子でない子どもを育てることに悩み、「西原莉沙子」はごく普通の母親ではあるが自分が良い母親であるかどうかに悩む。この三者三様の悩みを抱えた母親たちが母として変わっていく姿を描いた作品となる。

キャストについては、「柏崎結衣」を演じる主演には演技力に定評のある『沢尻エリカ』が選ばれている。他の母親役に関しては「門倉麻子」には『小池栄子』が、「西原莉沙子」には『板谷由夏』が選ばれている。
沢尻と板谷は2014年のドラマ『ファーストクラス』で共演をしており、相性の良いキャスト陣となる。

他にも『藤木直人』『風吹ジュン』『浅野和宏』といった演技派のベテラン勢や『中島裕翔』などジャニーズ勢も出演し、見応えのある演技に期待できるキャストがそろっている。

スタッフに関しては前述の『水橋文美江』は女性をテーマにした作品でヒット作を生み出しており、本作にも期待が大きい。
また演出を担当する『中島悟』は『沢尻エリカ』が主演した2016年の単発ドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』で演出を手がけており、相性が良い。
またプロデューサーも水橋、中島とチームを組んだ経験が多くチームワークの良い人選と言える。

緊急取調室 第2シーズン

緊急取調室 第2シーズン
チャンネルテレビ朝日
放送期間2017/04/20 ~ 2017/06/15
放送時間木 21:00 ~ 21:54
主演天海祐希

2017年春(4月期)のテレビ朝日系木曜日21時の枠は、木曜ドラマ『緊急取調室 第2シーズン』

原作のないオリジナルドラマで、2014年1月期に放送された連続ドラマの続編となる。ストーリーとしては前作と変わらず緊急事案対応取調班(キントリ)が取調室という密室で心理的な駆け引きを繰り広げる新しい形の刑事ドラマとなっている。

ベースの設定は前シリーズを継承していながらも、本シリーズの特徴としては取り調べの対象者が凶悪犯ではなく、ごく普通の人間であり「普通の人間が一番怖い」というメッセージが込められいている。

キャストに関しても前シリーズとほとんど変わりなく、主演を強いカリスマ性を持った女優『天海祐希』が演じ、脇を固めていた『田中哲司』『速水もこみち』も変わりない。

他にも『大杉漣』『小日向文世』と言ったベテラン勢も出演することが決まっており、キャスト陣は前シリーズそのまま楽しむことができる。

またスタッフ陣に関しても、プロデューサーで多少の入れ替えはあったものの、脚本、音楽、演出の担当者が変わりない。キャスト、スタッフともにほぼ変化がないため、前作の経験を活かした順当に進化した作品になることが予想できる。

人は見た目が100パーセント

人は見た目が100パーセント
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/13 ~ 2017/06/15
放送時間木 22:00 ~ 22:54
主演桐谷美玲

2017年春(4月期)のフジテレビ系木曜日22時の枠は、木曜劇場『人は見た目が100パーセント』

原作は『大久保ヒロミ』の同名の漫画『人は見た目が100パーセント』で女性コミック誌「BE・LOVE」で連載しており、幅広い年代の女性から支持されている作品。

ストーリーは女子力ゼロの理系女子(リケジョ)の3人組が自分たちが女子もどきであることに気づき、美や女子力の研究をし自分磨きをしステキ女子を目指して悪戦苦闘するラブコメディー。

キャストに関しては主人公の「城之内純」を近年着実に演技力が磨かれている『桐谷美玲』が演じる。
メインの三人組のうちのもう一人である「前田満子」には近年サスペンス系の連続ドラマで活躍している『水川あさみ』が選ばれている。
最後の一人は現在ブレイク中のお笑い芸人『ブルゾンちえみ』が初出演にして主要キャストという異例の抜擢となる。

他にも『成田凌』『町田啓太』といった若手の注目俳優の出演が決まっている。また『室井滋』のようなベテランや『鈴木浩介』といった名脇役として活躍を続けている面々が脇役に選ばれており、期待のキャスト陣となっている。

スタッフに関してはフジテレビ系の作品を中心に脚本を担当し『鍵のかかった部屋』『恋のチカラ』などヒット作を生み出している『相沢友子』が脚本を手がける。また演出に関しても『鍵のかかった部屋』の『松山博昭』が選ばれており、ヒット作を共作した経験のあるスタッフチームとなっている。

恋がヘタでも生きてます

恋がヘタでも生きてます
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/04/06 ~ 2017/06/22
放送時間木 23:59 ~ 00:54
主演高梨臨

2017年4月6日スタートの日本テレビ系木曜日深夜の枠は、プラチナイト『恋がヘタでも生きてます』

『藤原晶』の同名の小説『恋がヘタでも生きてます』が原作で、登場人物が恋愛下手ばかりという設定の中で繰り広げられるラブコメディー。

ストーリーは、恋愛ゲームを制作しヒットを生み出している仕事大好きな主人公を始め、恋愛下手な登場人物達の恋愛模様を描いている。

キャストは、近年幅広い役柄で演技力が評価されている『高梨臨』が主役に選ばれている。ラブコメでは『5→9〜私に恋したお坊さん〜』が代表作でBL好きの変わり者の役が話題になっており、本作の役に活かされることが期待できる。

他にも、二番手の男の役で定評のある『田中圭』を始め、連続テレビ小説『べっぴんさん』で主要キャストに抜擢された『土村芳』や、ゲスト出演ながら人気枠のドラマで活躍している『淵上泰史』等が出演する。

スタッフに関しては『ごくせん』シリーズや『1リットルの涙』などを代表作に持つ『横田理恵』が脚本を担当し、この物語を映画『NANA』などを手がけてきた『大谷健太郎』が演出する。
また、音楽に関しては数多くのヒット作の音楽を任されてきた『吉俣良』が担当している。

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~
チャンネルNHK総合
放送期間2017/04/14 ~ 2017/06/02
放送時間金 22:00 ~ 22:49
主演多部未華子

2017年4月14日スタートのNHK金曜日22時の枠は、金曜ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』

『小川糸』の『ツバキ文具店』を原作としており、鎌倉を舞台に代書屋(手紙等の代筆を行う職業)を生業にする「雨宮鳩子」という女性の成長を描いた作品。この作品を元に『荒井修子』が脚本を手がける。

物語は主人公の「雨宮鳩子」が8年ぶりに故郷の鎌倉に帰って来たところから始まる。
突然、亡き祖母から「ツバキ文具店」を継ぐことになってしまう。文具店というよりは代書屋が本業の店で、しかも代筆するだけでなく、手紙を一から考える代筆屋だった。
当初は新米の代書屋だったものの、徐々に才能を開花させ、様々な人と触れ合いながら、成長していくストーリー。

この主人公「雨宮鳩子」を演じるのが、数多くの作品で大役に選ばれ続けている『多部未華子』が選ばれている。他にも『高橋克典』『奥田瑛二』『倍賞美津子』などの多くの経験を持つベテランの出演が決まっており、演技派の集まる本格ドラマが期待される。

ブランケットキャッツ

ブランケットキャッツ
チャンネルNHK総合
放送期間2017/06/23 ~
放送時間金 22:00 ~ 22:49
主演西島秀俊

2017年春(6月期)スタートのNHK22時の枠は、ドラマ10『ブランケットキャッツ』

『重松清』の同名の短編小説集『ブランケットキャッツ』が原作。その作品の脚本を『江頭美智留』が担当する。多種多様な方向性の作品を手がけ、ヒット作を生み出している脚本家である。

猫好きの妻を亡くした主人公が残された7匹の猫の新しい飼い主を探すという目新しい設定のドラマとなる。その主人公を中心に、主人公を気にかける人物や、様々な飼い主候補が登場する。

その主人公である「椎名秀亮」をシリアスな役を中心に数多くの主演に選ばれている『西島秀俊』が選ばれている。ヒロインである「藤村美咲」には『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』などでインパクトのある演技をみせている『吉瀬美智子』が選ばれた。

他にも『島崎遥香』『唐田えりか』といった若手の人気女優に加えて『美保純』のようなベテランの出演が決まっている。ゲストにも『蓮佛美沙子』のようなゴールデンの主演に選ばれるような女優も選ばれている。

スタッフに関しては前述の脚本家『江頭美智留』をはじめ『得田真裕』が音楽を担当するなど、ベテランが顔を揃えている。

リバース

リバース
チャンネルTBS
放送期間2017/04/14 ~ 2017/06/16
放送時間金 22:00 ~ 22:54
主演藤原竜也

2017年春(4月期)のTBS系金曜日22時の枠は、金曜ドラマ『リバース』

『湊かなえ』の同名の小説『リバース』を原作にした本格ミステリードラマとなる。

ストーリーはごく平凡な主人公「深瀬和久」が地味な生活を送っていた頃に、恋人の「越智美穂子」の元に深瀬和久が人殺しであるという旨の告発文が届くことで始まる。
この告発文には10年前に親友「広沢由樹」を亡くした不審な事故が関与している。事故のことはずっと心に閉ざしていたが、10年前の真相と脅迫者を突き止めるために動き出す。

キャストは主人公「深瀬和久」を『藤原竜也』が演じる。本作の様な本格ミステリーで、追い詰められた時の演技に定評があり期待が高まる。2016年のドラマ『そして、誰もいなくなった』で正体不明の犯人に追い詰められ発狂寸前になる役で、その実力を発揮している。

ヒロイン「越智美穂子」にはサスペンスやミステリーなどの本格ドラマを中心に活躍する『戸田恵梨香』が選ばれている。他にも人気上昇中の『玉森裕太』『三浦貴大』『門脇麦』といった若手から、『武田鉄矢』『片平なぎさ』と言った演技派のベテラン勢も集まっている。

スタッフに関しては『夜行観覧車』『Nのために』といった『湊かなえ』の原作を手がけたチームがほぼ完全に再集結した形となっている。いずれも視聴率こそ目立たなかったものの賞を受賞するなどコアなファンから高い評価を受けており、本作に関しても期待が高まっている。

女囚セブン

女囚セブン
チャンネルテレビ朝日
放送期間2017/04/21 ~ 2017/06/09
放送時間金 23:15 ~ 00:15
主演剛力彩芽

2017年春(4月期)のテレビ朝日系金曜日23時15分の枠は金曜ナイトドラマ『女囚セブン』

原作のない『西荻弓絵』のオリジナルストーリー。『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』や近年では『民王』などを描いている脚本家。

主人公の「神渡琴音」は京都の芸妓だったが、酔いつぶれている間に仲間の芸妓が殺され、状況証拠が揃っていたことと、ある理由から有罪となる。そして待ち受けていたのが女囚達からのイジメだった。

しかし、芸妓として厳しい世界で鍛えていた精神力、腕力、知力を活かして、女囚達と戦っていく。刑務所という閉ざされた空間を舞台に女達の壮絶なバトルを描いた群像コメディとなる。

キャストについては、主人公の「神渡琴音」役に、深夜帯のドラマを中心に幅広い役柄で主演を演じている『剛力彩芽』が選ばれている。

メインとなる他の6人には『山口紗弥加』『トリンドル玲奈』『平岩紙』『橋本マナミ』『木野花』『安達祐実』といったベテランから現在人気上昇中の面々が揃っている。

スタッフに関しては女たちの小競り合いや団結を描き話題となった2016年のドラマ『黒い十人の女』を手がけた演出家の二人が選ばれており、経験が活かされる人選となっている。
また脚本に関しても多くのヒット作を生み出し、長期にわたり活躍を続けている『西荻弓絵』が選ばれている。

犯罪症候群

犯罪症候群
チャンネルフジテレビ
放送期間2017/04/08 ~ 2017/05/27
放送時間土 11:40 ~ 00:35
主演玉山鉄二

2017年春(4月期)のフジテレビ系土曜日23時40分の枠は、大人の土ドラ『犯罪症候群』

『貫井徳郎』の累計45万部の大人気三部作の小説『失踪症候群』『誘拐症候群』『殺人症候群』が原作とし、東海テレビとWOWOWがタッグを組んで制作する本枠が始まって以来の力の入った作品と言える。

復讐心にかられながらも復讐をしない選択をした『武藤隆』
復讐心に取り憑かれ一線を超えた行動をする『鏑木護』
事件解決のためなら手段を選ばず二人を指揮する『環敬吾』
といった3人の登場人物を中心にストーリーを展開させ「復讐の是非」を問うた社会派サスペンスとなっている。

キャストについては、
幅広い役を高いレベルで演じることができるベテラン俳優『玉山鉄二』
90年代から多数の出演作を積み上げている『谷原章介』
独特の名演技で常に人気枠の重要な役に選ばれ続けている『渡部篤郎』
この3人がメインの3役を演じる。

他にも『要潤』や『ミムラ』といったベテラン俳優や『竜雷太』といった円熟の俳優も選出し、高いレベルの演技が期待できる。

スタッフに関してはサスペンスドラマの経験が豊富な『篠﨑絵里子』が脚本を手がける。演出は『WATER BOYS』『白い巨塔』『ラストクリスマス』といったヒット作を手掛けてきた『村上正典』が選ばれる。この二人のベテランに若手の『やまだ豊』が音楽を担当し新しい風を送り込む体制となっている。

みをつくし料理帖

みをつくし料理帖
チャンネルNHK総合
放送期間2017/05/13 ~
放送時間土 18:05 ~ 18:43
主演黒木華

4号警備

4号警備
チャンネルNHK総合
放送期間2017/04/08 ~ 2017/05/20
放送時間土 20:15 ~ 20:43
主演窪田正孝

2017年4月8日スタートのNHK土曜日20時15分の枠は、土曜ドラマ『4号警備』

原作のないドラマで『宇田学』が脚本を担当するオリジナルストーリーとなっている。

様々な危険と隣り合わせの昨今で、一般人を守る民間の警備会社の奮闘をテーマにしている。その警備員達が「4号警備」を通して、笑いありアクションありの本格ドラマとなっている。
「4号警備」とは業界用語で人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒し、防止する業務。つまりボディーガードを意味している。

キャストは昨今着実に人気を得ている『窪田正孝』が主人公を演じ、ベテランの『北村一輝』が主人公の相棒を演じる、若手とベテランの実力派俳優がタッグを組んだ形となっている。

他にも着実に力をつけている若手女優『阿部純子』や『木村多江』『片岡鶴太郎』といったベテランの名脇役が選ばれており、充実したキャスト陣となっている。

スタッフ陣に関しては、先述の『宇田学』は若手でありながら近年は『99.9-刑事専門弁護士-』などを手がけている脚本家。他にもヒット作を手がけていたスタッフが顔を揃える形となっている。

ボク、運命の人です。

ボク、運命の人です。
チャンネル日本テレビ
放送期間2017/04/15 ~ 2017/06/17
放送時間土 22:00 ~ 22:54
主演亀梨和也

2017年春(4月期)の日本テレビ系土曜日22時の枠は、土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』

前クールまでは21時に放送される人気枠の一つだったが、今クールから時間を変更することとなった。

原作のない『金子茂樹』のオリジナル脚本となっている。ラブコメディーの経験も多く『プロポーズ大作戦』では本作に出演する『山下智久』を主演にしている。

長年の間、知らず知らずのうちにすれ違い続け、顔も名前も一致しない男女がいた。そんなある日、男の目の前に現れた神と名乗る正体不明の男に、二人は絶対に恋をしなくてはならないと助言される。

キャストに関しては、主人公に「KAT-TUN」のメンバーである『亀梨和也』が決まった。そしてヒロインは、近年多彩な役柄で女優として急成長中の『木村文乃』。また「NEWS」の元メンバーとして知名度の高い『山下智久』などの出演も決まっている。

スタッフについては、ベテランプロデューサー『西憲彦』を中心に近年活躍している『佐久間紀佳』『金子茂樹』『林ゆうき』といった旬な実力者が顔を揃えている。

ひよっこ

ひよっこ
チャンネルNHK総合
放送期間2017/04/03 ~
放送時間月〜土 08:00 ~ 08:15
主演有村架純

2017年4月3日スタートのNHK平日8時の枠は朝ドラこと連続テレビ小説『ひよっこ』

原作はなく、3度目の連続テレビ小説の挑戦となる『岡田惠和』が脚本を手がける。

東京五輪が開催された1964年から物語は始まる。高度経済成長期にあたる時代で、この成長に寄与したのは多くの名もなき働き手。このうちの一人が本作のヒロインとなる。

ヒロインがまだ「ひよっこ」の頃から東京に根を張り、様々な出来事を通して人として成長する波乱万丈のヒューマンドラマとなっている。

キャストに関しては、かつて連続テレビ小説を機にブレイクを果たした『有村架純』がヒロインとして再度出演する。『岡田惠和』の強い希望から、オーディションなしで出演を決めており、異例の選出となる。
他にも『沢村一樹』『木村佳乃』といったベテラン俳優も選ばれており、豪華な面々の揃うキャスト陣となる。

スタッフに関しては前述の通り『岡田惠和』は連続テレビ小説での経験値が高く、演出の『黒崎博』に関しても本作が3度目の連続テレビ小説の演出となる。

音楽はドラマだけに限らずアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』など幅広い作品で活躍をしている『宮川彬良』が担当しており、キャスト陣に引けを取らない力のあるメンバーが揃っている。

^